解き放たれた悪霊、ゾンビ、グレムリン、殺人バチ、ギャング、殺し屋の連鎖に、人類滅亡へのカウントダウンがはじまった……?アメイジングなヤバい最新アメリカ映画4作をレートショー上映する『WAC(ウェルカム・アメイジング・シネマ)2017』が東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて2017年8月19日より9月15日まで開催される。
画像: 「ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター」

「ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター」

今回上映される4作品を一つずつ紹介していこう。
「ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター」Don’t Kill (2017年度作品、1時間25分)古代の悪霊が蘇えり、小さな田舎町が生き残る最後の頼みの綱は、ゾンビ・ハンターと呼ばれる男の腕にかかっていた。マイク・メンデス監督。

画像: 「グレムリン2017/異種誕生」

「グレムリン2017/異種誕生」

「グレムリン2017/異種誕生」Gremlin (2017年度作品、1時間30分)恐ろしい秘密が隠された箱。その箱から出てきたモンスターが次々人間を殺していく……ライアン・ベルガルト監督。

画像: 「処刑遊戯DEAD OR ALIVE」

「処刑遊戯DEAD OR ALIVE」

「処刑遊戯DEAD OR ALIVE」Retribution(2016年度作品、1時間16分)娘が襲われたことで犯人探しに暴走する冷徹借金取りと、彼を止めようとする凄腕殺し屋の死闘。ダニー・アルブリー、デーヴィッド・ビスファム監督。

画像: 「ゾンビー 最凶ゾンビ蜂襲来」

「ゾンビー 最凶ゾンビ蜂襲来」

「ゾンビー 最凶ゾンビ蜂襲来」Tsunambee(2015年度作品、1時間22分)世界の終末が訪れ、逃げ惑う人々を蜂の大群が襲う。実はその女王蜂こそが人類に怒りを持ち地上に現われた破壊神だった。ミルコ・デーヴィス監督。
東京での上映終了後、大阪・シネリーブル梅田では9月30日より開催。ブロードウェイ配給。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.