19世紀から伝えられた死者を甦らせる恐ろしい儀式が現代に復活! 生贄として狙われる花嫁の恐怖を描くロシア製ホラー『ゴースト・ブライド』が11月25日(土)より公開されることが決定した。
画像: 死者を甦らせるための生贄は花嫁!
『ゴースト・ブライド』11月25日(土)公開決定

結婚式を挙げる為に相手の実家を訪ねた花嫁を恐怖が襲う

恋人と婚約し、幸福の絶頂にある女子大生のナスチャ(ヴィクトリア・アガラコヴァ)。彼女は結婚式を挙げる為に相手の実家へと向かうが、家に着いてから次々と幻覚に襲われる。それは死者を甦らせる儀式の犠牲になる花嫁の姿。間もなくそれが現実になることを彼女は知らなかった…。

画像: 映画『ゴースト・ブライド』公式予告 m.youtube.com

映画『ゴースト・ブライド』公式予告

m.youtube.com

花嫁を演じるのは長編映画初主演となるロシアの美人女優

帝政ロシア時代から言い伝えられる儀式と恐怖を『ミラーズ 呪怨鏡』(2015)で脚光を浴びホラー映画の演出に定評のあるスヴィヤトスラフ・ポドゲイエフスキー監督が映像化。異様な儀式をさせられそうになる花嫁役には、長編映画初主演となるロシアの美人女優・ヴィクトリア・アガラコヴァが抜擢された。

本作の公開にあわせて、「ホラーバトル・ウィークス 21世紀の東西冷戦バトル ホラー映画編」として、アメリカ製ホラー『ドクター・エクソシスト』も同日公開。面白かった方に投票し、投票者の中から抽選でホラーDVDなどのプレゼントや相互割引、先行オールナイトなども企画されている。

ゴースト・ブライド
11月25日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にて公開
配給:インターフィルム
©2017, Force Media LLC

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.