世界を救うため、美女戦士の究極の戦いが始まる!全米大ヒット「ワンダーウーマン」が8月25日公開!
画像1: アメコミ史上初の女性ヒーロー、待望の実写映画化!
「ワンダーウーマン」8月25日公開!

1941年、アメコミ史上初となる女性のスーパーヒーローとして誕生し、DCコミックを代表するキャラクター、バットマンやスーパーマンと並ぶ不動の人気を獲得しているワンダーウーマン。その誕生から七六年、待望の実写映画化がついに実現する。
女性だけしかいない神秘的な島のプリンセスとして生まれ、圧倒的な美しさと知性、そして強さを身につけたダイアナ。男性を見たこともなく、外の世界を知らなかった彼女が、やがて人々の争いを止めるため最強の美女戦士ワンダーウーマンとして立ち上がっていく姿が、第一次世界大戦の時代を舞台に描かれる。ダイアナ/ワンダーウーマンは2016年に公開された「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」にもすでに登場しているが、彼女の単独映画はこれが初めてとなり、知られざる彼女の起源が明かされていく。

画像2: アメコミ史上初の女性ヒーロー、待望の実写映画化!
「ワンダーウーマン」8月25日公開!

ワンダーウーマンを演じるのは“ミス・イスラエル”にも選ばれているスーパーモデルで、「ワイルド・スピード」シリーズでも知られるガル・ガドット。ワンダーウーマンが生まれて初めて出会う男性スティーブ役に「スター・トレック」のクリス・パイン。そのほか「50歳の恋愛白書」のロビン・ライト、「ビッグ・アイズ」のダニー・ヒューストン、「ハリー・ポッター」シリーズのデーヴィッド・セーリス、「ある愛の風景」のコニー・ニールセンらが共演している。
メガホンを取るのは「モンスター」で鮮烈なデビューを飾り、それ以来十四年ぶりの監督作となるパティー・ジェンキンズ。本作の世界興行収入はすでに、女性監督による映画としては史上最高額を記録している。脚本を手がけたのは、DCコミックの『ワンダーウーマン』でもストーリーを書いたアラン・ハインバーグ。
DCコミックのキャラクターたちが世界観を共有する“DCフィルムズ”の一本であり、続けて11月23日に公開される『ジャスティス・リーグ』にもワンダーウーマンが主要キャラクターの一人として登場する。また、本作の世界的ヒットを受けて「ワンダーウーマン」続編の製作も決定している。

画像3: アメコミ史上初の女性ヒーロー、待望の実写映画化!
「ワンダーウーマン」8月25日公開!

女性だけの島で幼い頃から戦士になるべく育ったプリンセス、ダイアナ(ガル・ガドット)。その島に小型機が不時着。飛行士スティーブ(クリス・パイン)は彼女が初めて見る男だった。スティーブの正体は英国軍のスパイ。彼によれば人間の世界は第一次大戦の最中だという。ドイツ軍が進める凶悪な毒ガス爆弾計画を阻止するため、ダイアナは初めて外の世界へ。

画像4: アメコミ史上初の女性ヒーロー、待望の実写映画化!
「ワンダーウーマン」8月25日公開!

長い船旅でたどり着いたのはロンドン。ダイアナには初めて見る世界のすべてが新鮮だった。スティーブは軍事会議に出席するが意見を退けられ、ダイアナとともに極秘作戦の遂行を決意する。潜入捜査のプロや狙撃手など少数精鋭の仲間だけを連れて、彼らは戦地ベルギーへ。
戦地の惨状を目にしたダイアナ。塹壕を飛び出した彼女はたった一人でドイツの大軍を一掃!
毒ガス爆弾計画の首謀者のもとへ向かったダイアナを意外な黒幕が待ち受けていた。
ダイアナはワンダーウーマンとして真の力に目覚め、世界を救うことができるのか?

画像5: アメコミ史上初の女性ヒーロー、待望の実写映画化!
「ワンダーウーマン」8月25日公開!

2017年度作品。2時間21分。アメリカ映画。ワーナー・ブラザース映画配給 2D/3D公開
© 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.