大ヒット公開中の「スパイダーマン:ホームカミング」のタイトルロールであるスパイダーマンに抜擢されたのが新星トム・ホランド。これまで助演などで作品を支えていたけれど、ここにきてついにアメコミ・ヒーローの主演に大抜擢されました。本作で最高の魅力を発揮してくれた彼のことが一発で分かるプロフィールをお届け!(文:野田綾子/デジタル編集:スクリーン編集部)

All about TOM HOLLAND!

01: アイアンマンも間違えた!実年齢は?

画像: とにかく昔から童顔 Photos by Getty Image

とにかく昔から童顔
Photos by Getty Image

「スパイダーマン:ホームカミング」の中で、アイマンマンから『14歳の君は…』と言われ、『僕、15歳なんだけど』と年齢を訂正するシーンが登場。実際のトムは1996年6月1日生れの21歳だけれども、アイアンマンが勘違いするのも納得の童顔。高校生という役柄に違和感がないのもベビー・フェイスのおかげ?

02: 小柄な細マッチョだぜぃ!

身長は5フィート8インチ(約172センチ)と欧米人にしてはやや小柄。しかし脱いだらスゴいんです。シックスパックをお腹に刻んだ細マッチョだ!

#tb to my Curls + tash #presstour #spidermanhomecoming

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 -

03: スパイダーマンもママには逆らえない?

「スパイダーマン:ホームカミング」で演じた役は育ての親である叔母さんや“ヒーロー教育係”であるトニー・スタークに心配ばかりかけていたけれど、実際のトムは自身の小さい頃について『どこにでもいる普通の男の子。それに勝ち気なママには口論で勝てなかった(笑)』と証言。役柄とは真逆?

04: これまでのキャリア

画像: 「インポッシブル」で共演したユアン・マグレガー、ナオミ・ワッツと Photos by Getty Image

「インポッシブル」で共演したユアン・マグレガー、ナオミ・ワッツと
Photos by Getty Image

幼い頃から芸能活動をしており、子役デビューはミュージカル『ビリー・エリオット』(映画「リトル・ダンサー」の舞台版)。その後、映画の世界でもキャリアを積み、「インポッシブル」の健気に母親を助ける長男役で注目され、「わたしは生きていける」「白鯨との闘い」などに出演。そして満を持して「スパイダーマン:ホームカミング」の主演に抜擢された。

画像: 「白鯨との闘い」の共演者クリス・ヘムズワースの推薦もあってスパイダーマン役をゲット Photos by Getty Image

「白鯨との闘い」の共演者クリス・ヘムズワースの推薦もあってスパイダーマン役をゲット
Photos by Getty Image

05: ミュージカルの経験がスパイダーマンに繋がった?

2010年3月。14歳の時に、ミュージカル『ビリー・エリオット』の主人公を演じたトム。バレエダンサーの役のため、タップ、バレエ、ジャズダンス、そして体操の技術を習得。これらのトレーニングで得たスキルが「スパイダーマン:ホームカミング」のスタントシーンに活きたんだとか。

06: アメリカで話題になったリップシンク・パフォーマンス

画像: ゼンデーヤとダンス? Photos by Getty Image

ゼンデーヤとダンス?
Photos by Getty Image

人気曲を口パクでパフォーマンスし、なりきりぶりを競うアメリカの人気番組『リップシンク』。「スパイダーマン:ホームカミング」の共演者ゼンデーヤと一緒に出演したトムは、リアーナの『アンブレラ』を披露。激しいダンスを踊り、最後は空中前転でフィニッシュしたこのパフォーマンスはアメリカ中で話題に。トムのマルチな才能を垣間見れるゾ!

07: ライジングスター賞を受賞

画像: 早くも英国アカデミー賞で新人賞を受賞! Photos by Getty Image

早くも英国アカデミー賞で新人賞を受賞!
Photos by Getty Image

2017年の英国アカデミー賞で新人賞にあたる「ライジングスター賞」を受賞したトム。こちらの賞は今後の活躍が期待される俳優・女優に贈られるもので、過去にはクリステン・スチュアートやトム・ハーディーが受賞している。

08: 目標にする俳優は誰?

ジェイク・ギレンホールを目標とする俳優としてあげている。『独自の芸風、独自の道にまい進している俳優』とコメント。

09: 短編映画を作ったことがある!

2015年にトムが監督を務めた『ツイート』という3分弱の短編を発表。これはトムの家族たちが総出演したファミリー・ムービーのような作品。アットホームな雰囲気が流れ、トムの才能の片鱗を感じることができる。

10: 次回作は何が待っているの?

画像: 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の面々とD23に出席 Photos by Getty Image

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の面々とD23に出席
Photos by Getty Image

まず注目の作品が『ザ・カレント・ウォー』。こちらはベネディクト・カンバーバッチやキャサリン・ウォーターストンなど実力派の役者陣と共演。もちろん「アベンジャーズ」シリーズの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも引き続き出演する。日本ではリチャード・アーミティッジと共演した『レジェンダリー』が9月に公開予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.