ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され話題を集める、ダーレン・アロノフスキー最新作『Mother!(原題)』の邦題が、「マザー!」に決定し、この度、東和ピクチャーズ配給にて2018年1月19日(金)に日本公開することが決定した。
画像: 「マザー!」C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

「マザー!」C) 2017 Paramount Pictures. All rights reserved.

郊外の一軒家に住む一組の夫婦、ある夜現れた不審な訪問者によって穏やかな生活が一転する。翌日も次々と現れる謎の訪問者たち、そんな招かれざる客たちを拒む素振りを見せず次々と招き入れる夫の行動に妻は不安と恐怖を募らせるが、意外な展開が待っていた……

「世界にひとつのプレイブック」でアカデミー賞主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンス、「ノーカントリー」で助演男優賞を受賞したハヴィエル・バルデムが初共演。監督・脚本を勤めるのは「ブラック・スワン」で監督賞にノミネートされたダーレン・アロノフスキー。アカデミー賞キャスト×スタッフの夢のタッグに、本作が出品されているベネチア国際映画祭では、大きな注目が集まっている。来るアカデミー賞でもセンセーションを起こすかもしれない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.