「スーサイド・スクワッド」でジョーカーを熱演したジャレッド・レトが、『ブラッドショット』Bloodshotでまた別のアメコミ・ヒーローを演じるかもしれない。

『ブラッドショット』はヴァリアント・コミックスで92年から刊行されているヒーロー。元ギャングの殺し屋が、軍の実験でナノマシンを注入されて記憶を失い、超人的な特殊能力を持つようになる。ソニー・ピクチャーズはこのコミックの映画化権を入手し、シリーズ化を予定している。監督はデイヴ・ウィルソン。彼は「デッドプール」のティム・ミラーのブラー・スタジオのパートナー。製作には「キングスマン」シリーズの監督マシュー・ヴォーンが参加する。

ここでクイズです!ジャレッド・レトが、ヒーローを演じるかもしれない『ブラッドショット』!このヒーローの超人的な特殊能力とはなんでしょう?

  • IQ187の頭脳をもち、1分間に20000ワード読むことができる。

    正解は、完全に肉体を破壊された死からも再生し、蘇生する。でした!!

  • 完全に肉体を破壊された死からも再生し、蘇生する。

    正解は、完全に肉体を破壊された死からも再生し、蘇生する。でした!!

  • フラッシュのごとく、超人的速さで走ることができる。

    正解は、完全に肉体を破壊された死からも再生し、蘇生する。でした!!

  • IQ187の頭脳をもち、1分間に20000ワード読むことができる。
    20
    2
  • 完全に肉体を破壊された死からも再生し、蘇生する。
    70
    7
  • フラッシュのごとく、超人的速さで走ることができる。
    10
    1
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.