新作「僕のワンダフル・ライフ」では転生しながら元の飼い主に会おうとするけなげな犬が描かれます。これまでの映画の中でも、そういう心に残る犬、忘れられない名犬たちはいっぱいいましたよね。三つのグループに分けて、そんな名犬たちをご紹介しましょう。最後は、とにかくその可愛さにメロメロ編!(文:横森文/デジタル編集:スクリーン編集部)

ベイリー

出演作:「僕のワンダフル・ライフ」

画像: 出演作:「僕のワンダフル・ライフ」

「僕のワンダフル・ライフ」はゴールデン・レトリバーのベイリーが、自分の命を救ってくれた少年イーサンにもう一度会いたいと、ジャーマン・シェパード、コーギー、セントバーナードと転生していくというストーリー。どの犬も愛らしいし、ベイリーのまっすぐな純粋な思いに心うたれる。犬好きの夢を完璧に叶えた極上の友情物語だ。

シッカン

出演作:「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」

画像: 出演作:「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」はタイトルに犬と入っているけれど、メインとなるのはあくまでもスウェーデンの12歳の少年イングマルのユーモアあふれる成長物語。でもそんなイングマルの心の支えとなる愛犬シッカンが愛らしくて、このコと暮らせない状況になるイングマルの心を思うと涙涙涙。ちなみに犬種はボーダー・テリア。

HACHI

出演作:「HACHI 約束の犬」

画像: 出演作:「HACHI 約束の犬」

日本人にはおなじみ忠犬ハチ公のお話をハリウッドでリメイクした「HACHI 約束の犬」は、アメリカ東海岸を舞台に、大学教授と彼に拾われた秋田犬の深い絆を描いた感動作。秋田犬の魅力を世界に広めることにもなった作品だ。帰宅するリチャード・ギア扮する教授を迎えに、毎日駅までいくHACHIの従順さに、つい涙が出ちゃうこと確実。

ボンゴとバーディタ

出演作:「101」

画像: 出演作:「101」

「101」に出てくるのはダルメシアン犬。ボンゴとバーディタが出会って仲良くなることで、それぞれの飼い主ロジャーとアニータが恋に落ちるキッカケも作っちゃう。でもなんといっても可愛いのは、登場する99匹のダルメシアンの子犬たち!!  子犬らしいよちよちした足取り、あくびする姿、あまりの可愛さに犬好きじゃなくてもメロメロ!!

スキップ

出演作:「マイ・ドッグ・スキップ」

画像: 出演作:「マイ・ドッグ・スキップ」

40年代を舞台にした「マイ・ドッグ・スキップ」に登場するのは、ジャック・ラッセル・テリアのスキップ。外で走り回るより家で読書するのが好きで、超内気な息子を見かねた母親がプレゼントしてくれたスキップとウィリーが仲良くしていくことでウィリー自身が明るくなっていく。どこに行くにもついてくるスキップが超キュート。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.