カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界三大映画祭を制覇し、「アンダーグラウンド」「黒猫・白猫」などの独特な作風で日本にもファンの多い鬼才監督エミール・クストリッツァ。その9年ぶりの監督作『オン・ザ・ミルキー・ロード』が9月15日(金)に公開される。
画像: 世界三大映画祭を制覇した鬼才クストリッツァの最新作!
『オン・ザ・ミルキー・ロード』9月15日(金)公開

ヒロインを演じるのは“イタリアの宝石”モニカ・ベルッチ

物語は戦火の中で繰り広げられる壮大な愛の逃避行。ミルク運びの男と美しい花嫁が運命的に恋に落ち、日常的に激戦が繰り広げられる中で、奇想天外な冒険を繰り広げる。クストリッツァが主人公のミルク運びの男を演じ、相手役には「007 スペクター」でボンドガールに抜擢された“イタリアの宝石”モニカ・ベルッチを迎えている。

画像: 9月15日公開 エミール・クストリッツァ最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』予告編 www.youtube.com

9月15日公開 エミール・クストリッツァ最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』予告編

www.youtube.com

クストリッツァならではの愛の寓話を世界が絶賛

作品を通して描かれるのは、戦争の愚かさ、情熱的な恋、そして温かいユーモア。2016年のベネチア映画さでワールドプレミア上映された際には、クストリッツァならでは“愛の寓話”に酔いしれた観客たちの12分に及ぶスタンディングオベーションが巻き起こった。監督の実の息子であるストリボール・クストリッツァが手掛けた、ストーリーと調和したパワフルな音楽にも注目だ。

オン・ザ・ミルキー・ロード
9月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開
配給:ファントム・フィルム
©2016 LOVE AND WAR LLC

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.