現在進行中の新たな「スター・ウォーズ」3部作の第3作「エピソード9」を監督する予定だった、「ジュラシック・ワールド」のコリン・トレヴォローが降板。ルーカスフィルムが発表した。
画像: コリン・トレヴォロー

コリン・トレヴォロー

理由は「トレヴォローは素晴らしい監督だが、このプロジェクトに対するヴィジョンが異なるため」。ちなみに監督の新作「ヘンリーの本」The Book of Henry が6月に全米公開され、成績も評判も振るわなかった。「エピソード9」の製作はルーカスフィルム、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ他。19年5月24日全米公開がアナウンスされており、この変更は発表されていない。
また、さっそく新監督の噂が浮上。この12月公開の「エピソード8」、「最後のジェダイ」のライアン・ジョンソンが候補になっているとの噂が流れている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.