2017年8月30日から開幕した第74回ベネチア国際映画祭は、最高賞である金獅子賞にギレルモ・デル・トロー監督の新作ダーク・ファンタジー『シェイプ・オブ・ウォーター』The Shape of Waterを選出して9月9日閉幕した。
画像: 金獅子賞のトロフィーにキスするデル・トロー Getty Images

金獅子賞のトロフィーにキスするデル・トロー Getty Images

『シェイプ・オブ・ウォーター』は、米国政府の極秘機関に捕らえられた半魚人と、機関の女性清掃員の恋を描いたダーク・ファンタジーで、サリー・ホーキンズ、オクタヴィア・スペンサーらの出演。プレミア上映と同時に好評を得た本作は、次期アカデミー賞でも有力視されている。また脚本賞を得たマーティン・マクドノー監督の『3ビルボード、ミズーリ州エビング』も高評価で、無冠だったダーレン・アロノフスキー監督の『マザー!』、ジョージ・クルーニー監督『サバービコン』、アレグザンダー・ペーン監督『ダウンサイズ』らとともに、今後の賞レースをリードする存在になるかもしれない。

画像: 『シェイプ・オブ・ウォーター』(日本2018年公開予定)

『シェイプ・オブ・ウォーター』(日本2018年公開予定)

そのほかの主な受賞結果は以下の通り。
金獅子賞…『シェイプ・オブ・ウォーター』(米、ギレルモ・デル・トロー監督)
銀獅子賞(監督賞)…グザヴィエ・ルグラン(『カストディー』)
審査員大賞…『フォックストロット』(イスラエル=独=仏=スイス、サミュエル・マオズ監督)
男優賞…カメル・エル・バシャ(『インサルト』)
女優賞…シャーロット・ランプリング(『ハナー』)
脚本賞…『3ビルボード、ミズーリ州エビング』(英=米)
新人賞…チャーリー・プラマー(『リーン・オン・ピーター』)
審査員特別賞…『スィート・カントリー』(オーストラリア)
国際批評家連盟賞…『エクス・リブリス/ニューヨーク公共図書館』(米)
名誉金獅子賞…ロバート・レッドフォード、ジェーン・フォンダ
監督ばんざい賞…スティーヴン・フリアーズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.