初の劇映画「萌の朱雀」を発表した1997年から20年。世界で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る永瀬正敏をダブル主演に迎え、新作映画を手がける。
画像: 左から永瀬正敏、河瀨監督、ジュリエット・ビノシュ

左から永瀬正敏、河瀨監督、ジュリエット・ビノシュ

河瀨監督待望の新作タイトルは『Vision』(2018年全国公開予定)。全編奈良で撮影を敢行する本作は、世界中を旅して紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌと、自然豊かな神秘の地・吉野の山々を守る山守の男・智(とも)が出会い、言葉や文化の壁を超え、心を通わせていく物語。ジャンヌはなぜ奈良を訪れたのか。山とともに生きる智が見た未来とは―。

ジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏、河瀨直美―この3人が、今年5月の第70回カンヌ国際映画祭で運命的な出会いを果たしたことが発端となる。本作のプロデューサーであるマリアン・スロットが映画祭の公式ディナーで偶然にも河瀨監督と同席となり、国籍や言語の違いを越えて繋がる“映画への愛”を共通のワードに、スロットが河瀨にビノシュを引き合わせた。以前よりお互いをリスペクトしていた二人は意気投合。ビノシュは河瀬の次回作出演に意欲を見せ、翌6月には製作が決定。すぐさま河瀨はオリジナル脚本の執筆し、運命的な出会いからわずか3ヶ月あまりで世界各国の注目を集める河瀬直美監督最新作は、新たな船出を迎えることとなる。

画像: 永瀬正敏とジュリエットのツーショット

永瀬正敏とジュリエットのツーショット

ジュリエットからのコメントが届いている。
『今年のカンヌ国際映画祭で初めて河瀬監督に会い、彼女の存在感に圧倒されました。監督の作品は拝見していますが、作品で彼女はいつも自然に寄り添い、人のことを愛していますね。フランスで河瀬監督の作品は非常にリスペクトされていて、彼女が紡ぐ表現方法などとても独特で素晴らしいと感じていました。私は昔から、日本の、特に地方を訪れてみたいと思っていました。その土地に住んで、その地域の人たちの生活に触れてみることを夢見ていましたが、今回、その夢が叶いましたね。都会では何も感じることができないけれど、こうして人間のルーツに戻るべきだと改めて思いました。今作の撮影で、実はハリウッド映画の撮影に入っていたのですが、自然のタイミングに合わせスケジュールを調整しました。ここ奈良では自然に囲まれた中で最高に贅沢な時間を味あわせてもらっています。神様へのお祈りにも参加させていただき、地球、世界と繋がっていることを再認識することができ、とても感動しました』
国際的に活躍する名女優の参加で、河瀨監督の世界がどう広がるか注目したい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.