「アンダーグラウンド」「黒猫・白猫」などで人気のエミール・クストリッツア監督が9年ぶりの新作「オン・ザ・ミルキー・ロード」(2017年9月15日公開)の公開を記念し、監督が率いるカリスマ人気バンド“ザ・ノー・スモーキング・オーケストラ”と来日。9月2日Zepp TOKYOで一夜限りのスペシャル・ライブを開催した。
画像: ザ・ノー・スモーキング・オーケストラのライブ風景

ザ・ノー・スモーキング・オーケストラのライブ風景

ザ・ノー・スモーキング・オーケストラの来日は2008年以来、9年ぶり二度目。クストリッツァの故郷であるバルカン半島を発祥とするジプシー・ミュージックにスカ、ハードロックなど様々なジャンルを混ぜ合わせた“ウンザ・ウンザ・ミュージック”で知られ、世界的な人気を誇る。
約 1500名の大歓声に迎えられたクストリ ッツァとバン ドメンバーたちは、オープニングからノリノリ。「jaguar」で幕を開けると、クストリッツァはすぐにバンドメンバーの紹介をはじめ、最後に『My name is Emir Kustrica! This is The No Smoking Orchestra!』と名乗りを上げ、序盤から会場は熱狂に包まれる。そして『一緒に楽しもう!』と人気曲「MTV」を演奏し、クストリッツァはドラムを披露。サビの部分を観客も一緒に熱唱し、会場は一体となった。

画像: ノリノリのクストリッツア

ノリノリのクストリッツア

続いて、次々と女性客を客席からステージに引っ張り上げ、クストリッツァはステージ上でタバコをふかしながら、ステージに上がった女性たちで即席のダンサーチームを結成!その場で自らが見本となってダンスを指導し、会場は笑いに包まれる。中盤の「Romeo」でも『日本のジュリエットが必要なんだ!』と客席の中から愛しの“ジュリエット”を見初めてステージに引っ張り、歌って踊ってとやりたい放題!曲と曲の間奏ではなぜか一貫して「ピンクパンサーのテーマ」が使われ、途中、バイオリンの弓を口でくわえて演奏するなどの曲芸も披露し、ユーモアと茶目っ気たっぷりのMCを交えな がら観客を熱狂へと巻き込んでいく。

終盤になると「アンダーグラウンド」でお馴染みの名曲「Drang Nach Osten」、「黒猫・白猫」から「Buba mara」などの名曲を次々と披露し、会場の興奮は最高潮に達する!クストリッツァは何度も『Tokyo!Tokyo!』と呼びかけ、そのたびに客席からは歓声がわき上がった。アンコールでは「Tarantela」、序盤でも披露した「Cereza」などを演奏。体を揺らし、絶叫し、熱狂の中で1時間半を超える熱演は幕を閉じた。

乗りまくったクストリッツア監督の新作「オン・ザ・ミルキー・ロード」は、ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けているコスタ(クストリッツアが演じる)は美しい娘・ミレナ(スロボダ・ミチャロヴィッチ)ら村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われた。しかしある日、ミレナの兄で村一番の英雄であるジャガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い激しい恋に落ちる。その女性のある過去によって村は襲われてしまい、2人の逃避行が始まる……という物語。今回も独自のクストリッツア・ワールドが展開する必見作だ。

画像: 9月15日公開 エミール・クストリッツァ最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』予告編 www.youtube.com

9月15日公開 エミール・クストリッツァ最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』予告編

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.