昆虫型生命体“バグ”と人類の戦争をポール・バーホーベン監督が描いた90年代を代表するSF映画『スターシップ・トゥルーパーズ』。今なお根強いファンに支持され、カルト的人気を誇っているこの作品の公開20周年を記念して製作されたシリーズ第5作目となる劇場版長編フルCG映画『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の日本公開が、2018年2月に決定した。
画像: 公開20周年記念!カルト的SF映画の最新作『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の日本公開が2018年2月に決定

日本オリジナルのティザービジュアルは超強烈!

この最新作の日本公開に先立ち、日本オリジナルのティザービジュアルが完成。シリーズを象徴する昆虫型生命体“バグ”の爪5本が、第2の地球として描かれる「火星」を鷲掴みしている強烈なビジュアルが印象的だ。併せて解禁となった日本オリジナルの特報では、カウントダウンが鳴り響く中、1作目から20年の歳月を重ねた主人公ジョニー・リコとトゥルーパーズがパワードスーツに身を包み、火星に大量に発生した“バグ”と対峙する姿が見られる。

画像: 日本オリジナルのティザービジュアルは超強烈!

YouTube

www.youtube.com

この最新作の監督としてハリウッドが指名したのは、『アップルシード アルファ』及び前作『スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン』でメガホンを取った日本を代表するCGクリエーター、荒牧伸志監督。更に、本作が監督デビュー作となる新進気鋭の松本勝監督。このダブル日本人監督がシリーズにどんな新たな息吹を吹き込むのか注目だ。

スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット
2018年2月公開
配給:KADOKAWA
© 2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.