新たな「ターミネーター」が始動。オリジナル第1作、第2作の監督ジェームズ・キャメロンがプロデュース、「デッドプール」のティム・ミラーが監督し、2019年7月26日全米公開になる。タイトルは未定。キャメロンはさらに「アバター」続編の撮影を開始。新登場の子役たちをお披露目した。
画像: 「アバター」続編に出演する子役たち

「アバター」続編に出演する子役たち

キャメロンの発言によれば、アーノルド・シュワルツェネッガーが出演する予定で、71歳という彼の年齢は問題ではないとのこと。第1、2作でヒロインを演じたリンダ・ハミルトンも出演する。また、第2作後のシリーズ作品は踏まえず、第1作と第2作に続くストーリーになる。製作はパラマウント・ピクチャーズとスカイダンス・メディア他。
またキャメロン監督の大ヒット作続編「アバター2」Avatar2 の新キャスト7人が発表された。7人はすべて子役。本作には前作の主人公ジェクとナヴィ族の女性ネイティリの間の子供たち3人が登場。長男はTV「So Awkward」のジェーミー・フラッターズ、次男はTV「弁護士ビリー・マクブライド」のブリテン・ダルトン、末っ子の長女は新人、トリニティー・ブリスが演じる。また、前作の惑星パンドラに住む新たな種族、メトカイナ族の少年少女も登場。その3人をベーリー・バス、フィリップ・ジョルジョ、ジュアン・エヴァンス・ジュニアが演じる。またパンドラに住む人間の少年をジャック・チャンピオンが演じる。
2017年9月25日に続編4作(the Avatar Sequels)が同時に撮影をスタート。「アバター2」は前作のサム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガニー・ウィーバーが続投。20世紀フォックス、TSGエンターテインメント他の製作で、2020年12月18日全米公開。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.