ストリートチルドレン出身で、8年間無実の罪で投獄されていた経歴を持つ旧ソ連のヴィターリー・カネフスキー監督が、自身の少年時代を映画化。当時54歳の“新人”だった監督の実質的なデビュー作で、カンヌ映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞した。HDリマスター版でリバイバル公開される。

監督自身が体験した、純粋で鋭敏な自身の少年時代の記憶

画像1: 監督自身が体験した、純粋で鋭敏な自身の少年時代の記憶

物語の舞台となる旧ソ連の炭坑町スーチャンは、カネフスキーが少年時代を過ごした町。彼はストリートチルドレンのパーヴェル・ナザーロフを主演に抜擢し、どこまでも純粋で鋭敏な自身の少年時代の記憶を、鮮烈にスクリーンに甦らせた。

画像2: 監督自身が体験した、純粋で鋭敏な自身の少年時代の記憶

第二次大戦直後、ソビエト極東の炭鉱町。いたずら好きの12歳の少年ワレルカ(パーヴェル・ナザーロフ)は騒動を繰り返すが、幼なじみの少女ガリーヤ(ディナーラ・ドルカーロワ)は、まるで守護天使のように何度も彼の危機を救う。

画像: 映画『動くな、死ね、甦れ!』予告編 www.youtube.com

映画『動くな、死ね、甦れ!』予告編

www.youtube.com

「動くな、死ね、甦れ!」
2017年10月7日公開
監督/ヴィターリー・カネフスキー
出演/パーヴェル・ナザーロフ、ディナーラ・ドルカーロワ
ノーム配給

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.