女性初のアカデミー賞監督賞に輝いた『ハート・ロッカー』、作品賞をはじめ5部門にノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、徹底したリアルな描写と骨太なストーリーテリングで観客を常に圧倒してきたキャスリン・ビグロー監督。その最新作『デトロイト』が2018年1月26日(金)に日本公開されることが決定した。
画像: 女性初のアカデミー賞監督が描く衝撃の実話『デトロイト』2018年1月26日(金)公開決定!

近現代史を語る上で忘れることができない凄惨な暴動事件を映画化

キャスリン・ビグロー監督が新たに選んだ題材は1967年に起きた“デトロイト暴動”。暴動で街が戦場と化し、40人近い死者と負傷者1000人以上を出した、アメリカの近現代史を語る上で忘れることができない凄惨な暴動事件だ。映画は連日暴動が続く中で起きた、恐怖に満ちた“ある一夜”の事件を描いていく。主演を務めるのは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のジョン・ボイエガ。

画像: 2018年1月公開『デトロイト』海外版予告(日本語字幕) www.youtube.com

2018年1月公開『デトロイト』海外版予告(日本語字幕)

www.youtube.com

早くもアカデミー賞最有力候補作品の呼び声も

「今回は、観客の皆さんをアルジェ・モーテルの中へと誘う。リアルタイム感覚でストーリーを体験してほしい」と語るビグロー監督は、1967年の夏、アメリカを震撼させ、その後の公民権運動に大きな影響を与えた事件の舞台、デトロイトのアルジェ・モーテルへと観客を引きずり込む。その夜、その場所で、いったい何が起きたのか? 早くもアカデミー賞最有力候補作品の呼び声も高い話題作だ。

デトロイト
2018年1月26日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開
配給:ロングライド
© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.