ティム・バートン監督自身が監督する、彼の88年のヒット作の続編「ビートルジュース2」Beetlejuice 2 の新たな脚本家が決定。
画像: ティム・バートン

ティム・バートン

新鋭マイク・ヴァカディノヴィッチがこの続編の脚本をリライトする。彼は、サスペンス「リメモリー」Rememory の脚本を書き、バートン監督が名作アニメを実写化する「ダンボ」Dumboの脚本も担当。「ビートルジュース2」の脚本はこれまで「ダーク・シャドウ」のセス・グレアム・スミスが書いていたが、彼がリライトする。オリジナル作は、マイケル・キートンが主演し、幽霊たちが家に住みついた人間たちを追い出そうとするホラー・コメディー。今回の続編のストーリーや出演者たち、リリース日などは未発表。製作はワーナー・ブラザース他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.