名作「風と共に去りぬ」「哀愁」などの主演で知られる往年の名女優ヴィヴィアン・リーの伝記映画が始動する。
画像: ヴィヴィアン・リー

ヴィヴィアン・リー

脚本はTV「フュード/確執 ベティ vs ジョーン」でベティー・デーヴィスとジョーン・クローフォードの確執を描いたコンビ、マイケル・ザムとジャフィー・コーエン。映画はヒューゴ・ヴィッカーズの評伝「ヴィヴィアン・リー:伝記」Vivien Leigh: A Biographyを原作に、彼女と、不倫関係を経て結婚し後に離婚した英国演劇界の名優ローレンス・オリヴィエとの関係に焦点を当てて描く。ヴィヴィアン・リーは「風と共に去りぬ」(39)、「欲望という名の電車」(51)でアカデミー主演女優賞を受賞、67年に53歳で死去している。製作はMGRフィルムズ他。誰がキャスティングされるのか注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.