将来を嘱望されていたクラシックバレエのダンサーが、運命に翻弄されながらも、自分が本当に進むべき道を見つけていく成長ストーリー「ポリーナ、私を踊る」が10月28日に公開される。本作で映画デビューを飾ったロシアの有名ダンスカンパニー出身のアナスタシア・シェフツォワが主人公を演じ、ヴァレリー・ミュラーと名振付師のアンジュラン・プレルジョカージュが共同で監督した。
画像: クラシックバレエの天才少女が見つけた本当の人生を描く
「ポリーナ、私を踊る」10月28日公開!

主演者は実際の有名ダンス・カンパニー出身!

将来を嘱望されていたクラシックバレエのダンサーが、運命に翻弄されながらも、自分が本当に進むべき道を見つけていく成長ストーリー。
主人公を演じるのは、本作で映画デビューを飾ったロシアの有名ダンスカンパニー出身のアナスタシア・シェフツォワ。共演は「マイ・マザー」のニールス・シュナイダー、「トスカーナの贋作」のジュリエット・ビノシュ、元パリ・オペラ座エトワールのジェレミー・ベガンガールら。ヴァレリー・ミュラーと名振付師のアンジュラン・プレルジョカージュが共同で監督。

画像: 主演者は実際の有名ダンス・カンパニー出身!

クラシック・バレエの踊り手がコンテンポラリー・ダンスに出会った!

ボリショイ・バレエ団のバレリーナを目指すロシア人少女ポリーナ(アナスタシア)。厳格な恩師のもと幼少の頃から練習を積み、将来有望なバレリーナとして期待されていた。
だが、ボリショイへの入団を目前にしたある日、コンテンポラリー・ダンスと出会った彼女は湧き上がる衝動のまま、約束されていたキャリアを投げ打ち、恋人アドリアン(シュナイダー)と共にフランスのコンテンポラリー・ダンスカンパニーへと旅立つ。

画像: クラシック・バレエの踊り手がコンテンポラリー・ダンスに出会った!

ポリーナは気持ちばかりが先走ってしまうが…

そこで出会ったのは著名な振付師リリア(ジュリエット)。これまでのスタイルとは違う新しいダンスに戸惑うポリーナ。気持ちばかりが先走る彼女は、練習中にケガを負い、アドリアンともすれ違うように。すべてを失ったポリーナは一人、ベルギーへ。どん底の暮らしの中、やがて一筋の光が彼女に差す。

画像: 映画『ポリーナ、私を踊る』本国版予告編 www.youtube.com

映画『ポリーナ、私を踊る』本国版予告編

www.youtube.com

「ポリーナ、私を踊る」
監督/ヴァレリー・ミュラー、アンジュラン・プレルジョカージュ
出演/アナスタシア・シェフツォワ、ニールス・シュナイダージュリエット・ビノシュ
ポニーキャニオン配給/10月28日公開
©2016 Everybody on Deck - TF1 Droits Audiovisuels - UCG Images - France 2 Cinema

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.