20年間に別れた夫から送られてきた小説。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。シングルマン」で映画監督デビューを飾った世界的ファッション・デザイナー、トム・フォードの七年ぶりとなる監督第二作『ノクターナル・アニマルズ』が11月3日(祝・金)より公開される。
画像: 【今週末公開の映画案内】トム・フォード監督最新作『ノクターナル・アニマルズ』

現代を代表する実力派俳優のふたりが共演

主演を務めるのは「メッセージ」のエイミー・アダムス、「ライフ」のジェイク・ギレンホールという、現代を代表する実力派俳優のふたり。エイミー・アダムスが演じるのは、夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送るスーザン。ある週末、彼女のもとに20年前に離婚した元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から、彼が書いた小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が送られてくる。才能のなさや精神的弱さを軽蔑していたはずの元夫の送ってきた小説の中に、それまで触れたことのない非凡な才能を読み取り、再会を望むようになるスーザン。彼はなぜ小説を送ってきたのか。それはまだ残る愛なのか、それとも復讐なのか――。

画像: トム・フォード監督最新作『ノクターナル・アニマルズ』予告編 www.youtube.com

トム・フォード監督最新作『ノクターナル・アニマルズ』予告編

www.youtube.com

トム・フォードが構築した、細部にまでこだわりぬいた世界観

注目は2005年に自身のブランド、トム・フォードを立ち上げ、ファッションアイコンとしても名高いトム・フォードが構築した、細部にまでこだわりぬいた世界観。エイミー・アダムス演じるスーザンが着用する衣装のほとんどは、映画のために製作されたオリジナルデザインだ。また彼女の衣装に限らず、華やかな世界や土埃を感じるシーンなどのデザイン性やオリジナリティにも目を奪われる。色彩、ファッション、現代アートなど視覚を通して、感覚が刺激され、映画内小説と過去と現在が交差する複雑な物語に魅了される贅沢な一本だ。

ノクターナル・アニマルズ
11月3日(金・祝)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド、パルコ
©Universal Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.