「スノーデン」のジョセフ・ゴードン・レヴィットが、ハイジャック・サスペンス「7500」に主演する。
画像: ジョゼフ・ゴードン・レヴィット

ジョゼフ・ゴードン・レヴィット

ジョセフが演じるのは、テロリストにハイジャックされた飛行機の副操縦士の役。当初、主演には「スイス・アーミー・マン」のポール・デーノが予定されていたがスケジュールの都合で降板したもの。ストーリーの詳細は未発表だが、心理的なドラマが展開しそうだ。監督・監督はドイツ出身の新鋭パトリック・ヴォールラス。これまで短編を監督していて、本作が初の長編映画になる。製作はフィルムネーション・エンターテインメント他。撮影は11月にケルンとウィーンでスタートする。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.