エマ・ワトソンの『美女と野獣』に続く主演最新作『ザ・サークル』が11月10日(金)より全国公開。世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業<サークル>に採用され、自らの24時間をカメラの前に公開することになった新人のメイ(エマ・ワトソン)の姿を通して、SNS社会の光と影を描く驚愕のサスペンス・エンターテイメントだ。このたび、アメリカ・サンフランシスコのTwitter本社で行われた、本作に出演しているエマ・ワトソン、トム・ハンクス、パットン・オズワルド、ジェームズ・ポンソルト監督、そしてTwitter社のCEOジャック・ドーシーの対談映像が解禁された。

“有名人”であるキャストが自身のSNS体験について話す貴重映像

映像の中では、『ザ・サークル』の撮影秘話や、“監視社会”について、トランプ大統領の選挙の話まで話は広がっており、映画を観る前の予習にぴったりな映像となっている。またトム・ハンクスが自身のTwitterで、街中の落し物を見つけては発信していることについてや、エマ・ワトソンの『美女と野獣』でのプロモーション時の“常に見られている”と感じた時の話など、SNSを普段より使っている、“有名人”であるキャストが自身のSNS体験について話している貴重な姿も収められている。特に名作『ユー・ガット・メール』にも主演したトム・ハンクスが、当時のテクノロジーとプライバシーと、『ザ・サークル』の世界でのテクノロジーとプライバシーについて比較して語っている部分は必見だ。

画像: 『ザ・サークル』twitter本社座談会 youtu.be

『ザ・サークル』twitter本社座談会

youtu.be

ザ・サークル
11月10日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ 他全国ロードショー
配給:ギャガ
© 2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.