映画『オリエント急行殺人事件』12月8日公開記念!
“オリエント急行路面電車”期間限定運行
画像1: 期間限定の特別車両運行!
“オリエント急行路面電車”

今なお多くのファンに愛され続ける、“ミステリーの女王“アガサ・クリスティの不朽の名作『オリエント急行殺人事件』(20世紀フォックス映画配給)が、監督・主演にケネス・ブラナー、出演にジョニー・デップ、ミシェール・ファイファー、デージー・リドリー、ジュディー・デンチ、ペネロペ・クルズを迎え、新たに映画化され、いよいよ日本では12月8日(金)より全国公開。

超豪華キャストで全く新しいエンターテインメントに生まれ変わった本作の公開を記念して、大阪唯一の路面電車、阪堺電車(阪堺電気軌道株式会社 本社:大阪市住吉区)とコラボレーションが決定。期間限定の特別車両となる「オリエント急行路面電車」が運行することに。

本特別車両は「オリエント急行」の車体と同じロイヤルブルーをベースに、ジョニー・デップをはじめとする豪華キャストが電車に乗っているように配置されており、外から見ると乗客は
豪華キャストと一緒に「オリエント急行」に乗っているように見えるデザインになっている。

画像2: 期間限定の特別車両運行!
“オリエント急行路面電車”

これはアガサ・クリスティが原作を発表したのが1934年、今回特別ラッピングを施したのが、昭和3年(1928年)に作られ、現在も現役として走る日本最古級の車両「モ161型形車166号車」ということで、いわば同時代の文化遺産のコラボレーションでもあり、車内の造作も含めて、「オリエント急行殺人事件」の世界を、この特別車両を見て、乗って頂く事で、リアルに体感してもらいたいということから、実現したもの。

11月8日にこの「オリエント急行路面電車」が報道陣の前に初お披露目された。関係者の挨拶、テープカットイベントを行った後、集まった報道陣を乗せ、我孫子道~天王寺駅前まで初運転。クラシカルかつ斬新なデザインの特別車両は街行く人の注目を集め、写真を撮る人々も数多く見受けらた。
本特別電車は、11月9日(木)から1月末(予定)まで阪堺電車全線で運行する。

『オリエント急行殺人事件』×阪堺電車  特別車両「オリエント急行路面電車」
走行期間:11月9日(水)~2018年1月末まで(予定)
走行地区:阪堺電車全線

画像3: 期間限定の特別車両運行!
“オリエント急行路面電車”

『オリエント急行殺人事件』
12月8日全国ロードショー 20世紀フォックス映画配給
(C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.