英国スパイ小説の巨匠レン・デートンによる、ナチス・ドイツが英国に勝利した世界を舞台にした歴史改変小説のTV化。人気英国男優サム・ライリーの刑事役が楽しめます。
画像1: ©Sid Gentle Films Ltd.

©Sid Gentle Films Ltd.

「ベルリンの葬送」「10億ドルの頭脳」などの人気スパイ小説作家レン・デートンの同名原作の映像化で、全6話のシリーズ。今年2月のBBCでの放送開始時には、「SHERLOCK/シャーロック」の第1話を上回る視聴率だった。
 

画像2: ©Sid Gentle Films Ltd.

©Sid Gentle Films Ltd.

1941年、英国はナチス・ドイツに降伏、イギリスとウェールズはほとんどがナチスの占領下におかれている。チャーチル首相は処刑され、国王ジョージ6世は幽閉の身。スコットランドヤードもナチスの指揮下にある。そんな中、ヤードの敏腕刑事アーチャー(サム・ライリー)は相棒のハリーと共に闇取引を巡る殺人事件の捜査にあたる。被害者はある重大な開発計画に関わっていたらしい。殺人現場で見かけたアメリカ人記者バーバラと急接近するアーチャーだったが、やがて国王の脱出計画に巻き込まれていく……

「アリスのままで」のケート・ボズワース、ジェーソン・フレミングらが共演している。

「SS-GB /エスエス・ゲーベー」DVD-BOXが12月8日発売!!

画像: 「SS-GB /エスエス・ゲーベー」DVD-BOX KADOKAWA /12月8日発売、9800円+税(3枚組) ©Sid Gentle Films Ltd.

「SS-GB /エスエス・ゲーベー」DVD-BOX
KADOKAWA /12月8日発売、9800円+税(3枚組)

©Sid Gentle Films Ltd.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.