「未来を花束にして」のケアリー・マリガンが、フェミニズム運動の活動家グロリア・スタイネムの伝記映画「非市民戦争」An Uncivil War に主演する。

スタイネムは編集者及び記者として活動し、63年の「プレイボーイクラブ潜入記」を発表して注目を集める。71年には女性行動連盟を創設、72年には雑誌「Ms」を創刊して87年まで執筆し続けた。映画の監督は「BESSIE/ブルースの女王」の女流監督ディー・リース。製作はフィルムネーション・エンターテインメント他。撮影は18年3月スタートする。
また、「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」のジュリアン・ムーアが、グロリア・スタイナムを演じる企画「路上の人生」My Life On The Road も進行中。こちらはスタイナムの自伝を原作に、彼女の晩年を描くもの。監督は「アクロス・ザ・ユニバース」の女流監督ジュリー・テーモア。製作はジューン・ピクチャーズ他。どちらも今後の情報に注目だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.