ゴッホ、セザンヌらと並び“後期印象派”と総称され、19世紀最大の芸術家の一人として知られる天才画家ゴーギャン。その愛と苦悩の日々を描いた映画『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』が、2018年1月27日(土)より全国公開。このたび予告編が完成し解禁となった。
画像: 19世紀最大の芸術家の素顔がいま明かされる!『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』予告映像解禁

ポール・ゴーギャンの作品スタイルをも決定づけたタヒチ滞在の日々を描く

本作は、1891年に念願のフランス領ポリネシアのタヒチ島へと出帆し、その後の人生に深い刻印を残し、作品スタイルをも決定づけたポール・ゴーギャンの異国情緒たっぷりなタヒチ滞在クロニクル。妻子を捨てるようにして島に渡った彼が、現地で出会い妻にした娘テフラをモデルに代表的な傑作を生み出していく“熱帯のアトリエ”での、エキゾチックな愛と苦悩の日々が明かされる。

画像: 『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』予告篇【2018年1月27日(土)公開】 www.youtube.com

『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』予告篇【2018年1月27日(土)公開】

www.youtube.com

ゴーギャンを演じるのはフランスを代表する名優ヴァンサン・カッセル

ゴーギャンを演じるのは、インディペンデントの芸術映画からハリウッドメジャーまで幅広いキャリアを誇るヴァンサン・カッセル。ゴーギャンに似せて顔中を髭で覆い、近代文明を捨てた野蛮さを身に纏い、その向こうに何かを見つけようとして寿命をすり減らす芸術家の狂気を見事に体現している。美術愛好家のみならず映画ファンも必見の作品だ。

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
2018年1月27日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー
配給:プレシディオ
© MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.