「ミッション:インポッシブル」シリーズのトム・クルーズが、「ヘイトフル・エイト」のクェンティン・タランティーノ監督のタイトル未定の新作への出演をオファーされている。

この新作は、当初は実在のカルト集団の教祖チャールズ・マンソンの殺人事件を描くと報じられたが、タランティーノ監督がそれについて「マンソンではなく、1969年を描く作品だ」と発言している。ストーリーは未発表だが、主要登場人物は2人いて、トムがオファーされたのはそのうちの一人の役とのこと。マンソンについても多少触れる可能性がある。
 また、この映画はワインスタイン・カンパニーが製作する予定だったが、ハーベイ・ワインスタインのセクハラ疑惑によりこの会社から離れ、現在はワーナーやソニーなど多数の会社が製作に名乗りを上げていると報じられていたが、どうやらソニーに決まった模様。19年全米公開予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.