「カルメン」など数々の舞踏音楽映画を贈りだしてきたカルロス・サウラ監督の最新作。彼の故郷スペインのアラゴン地方が発祥とされ、フラメンコのルーツといわれる民族舞踏“ホタ”にスポットを当てる。
登場するのは、国民的フラメンコ・ダンサー、サラ・バラスはじめ、スーパーギタリストのカニサレス、天才的バグパイプ奏者カルロス・ヌニェネスら。
画像: 舞踏映画の巨匠が情熱のダンス“ホタ”の魅力に迫る
「J:ビヨンド・フラメンコ」11月25日公開

数々の舞踏音楽映画を贈りだしてきたカルロス・サウラ監督の最新作

「カルメン」から「フラメンコ・フラメンコ」まで長年に渡り、数々の舞踏音楽映画を贈りだしてきたカルロス・サウラ監督の最新作。今回は彼の故郷スペインのアラゴン地方が発祥とされ、フラメンコのルーツといわれる民族舞踏“ホタ”にスポットを当て、その多彩なスタイルを紹介するダンス・エンターテインメント。

画像: 数々の舞踏音楽映画を贈りだしてきたカルロス・サウラ監督の最新作

国際的トップ・アーチストたちが奇跡的な競演を見せる

登場するのは、国民的フラメンコ・ダンサー、サラ・バラスはじめ、スーパーギタリストのカニサレス、天才的バグパイプ奏者カルロス・ヌニェネス、ダンサー兼振付師のミゲル・アンヘル・ベルナ、スペイン舞踏界の大スター、バレリアーナ・パニョス、ホタを現代化して歌うポップスターのカルメン・パリスらの国際的トップ・アーチストたちが奇跡的な競演を見せる。

画像: 国際的トップ・アーチストたちが奇跡的な競演を見せる

サウラが本当に描きたかった“スペインの魂”

女性歌手によるオープニング『私の心に言い聞かせる』、少年少女がホタの基本ステップを学ぶ情景から始まり、『アンソのホタ』から、スペイン歌謡全盛時代の名花に捧げた『インぺリオ・アルヘンティーナへのオーマジュ』、シンガー・ソングライター、ホセ・アントニオ・ラボルデータへのオマージュ『ロサ・ロニエ』、『パコ・ラベルとペドロ・アンソリンへのオマージュ』、そしてフィナーレの『祭りに繰り出す人々』まで、数々のパフォーマンスで、サウラが本当に描きたかった“スペインの魂”を天才的ダンサーや名奏者たちが具現化する。

画像: 映画『J:ビヨンド・フラメンコ』TRAILER www.youtube.com

映画『J:ビヨンド・フラメンコ』TRAILER

www.youtube.com

「J:ビヨンド・フラメンコ」
監督/カルロス・サウラ
11月25日公開/レスペ配給
©Telefonica Studios, DTS, Tresmonstruos Media Tres,monstruos PC, Aragon Television.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.