「下町ロケット」で直木賞を受賞し、「半沢直樹」「花咲舞が黙ってない」「民王」等、数多くの小説がドラマ化、その全てが高視聴率・話題となっている池井戸潤。現在放送中の「陸王」も大きな注目を浴びている彼の、初の映画化作品となる『空飛ぶタイヤ』が2018年6月15日(金)に公開。このたび特報映像が解禁された。

巨大企業に潜む闇と戦う主人公を演じるのは長瀬智也

主演は、TOKIOのメンバーとして活躍する一方、映画『TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ』や、ドラマ『フラジャイル』など数々の話題作に主演し続ける長瀬智也。巨大企業に潜む闇と戦う、運送会社の社長・赤松徳郎を熱く演じる。監督は『ゲゲゲの鬼太郎』『超高速!参勤交代』シリーズなどで知られる本木克英。原作・主演・監督ともにこれが初タッグとなる。

画像: 映画『空飛ぶタイヤ』特報 youtu.be

映画『空飛ぶタイヤ』特報

youtu.be

日本でいちばん熱い男たちが織りなす世紀の大逆転エンタテインメント

ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)が、自らの無実を信じ、大企業に対して調査を開始するところから、物語は始まる。このたび解禁となった初映像では、赤松徳郎、トレーラーの製造元であるホープ自動車のカスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)、ホープ自動車のグループ企業であるホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)が、巨大企業の闇にそれぞれの立場で迫っていく姿が描かれている。

深田恭子、岸部一徳、笹野高史、寺脇康文、小池栄子、阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.)、ムロツヨシ、中村蒼…豪華すぎると話題のキャストも勢ぞろい。日本でいちばん熱くかっこいい男たちが織りなす、世紀の大逆転エンタテインメント。2018年、もっとも期待される日本映画の一本だ。

空飛ぶタイヤ
2018年6月15日(金)公開
配給:松竹
©2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.