2017年12月15日から日本公開される「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(ウォルト・ディズニー配給)。このたび公開を前に、ライアン・ジョンソン監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライヴァー、そしてマーク・ハミルの来日が決定した。
画像: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

レイ役のデイジー・リドリーとカイロ・レン役のアダム・ドライバーは前作「フォースの覚醒」以来、約2年ぶりの来日となる。伝説のジェダイのルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルは映画「スター・ウォーズ」シリーズのルーク役としては、80年の「帝国の逆襲」以来37年ぶりの来日となる。彼らは12月6日に行なわれるレッド・カーペットイベントや特別映像上映会イベントなど、ファンと交流する機会があるほか、記者会見にも登壇する予定。

また本作の新たなビジュアルが公開された(トップ写真)。ビジュアルにはマーク・ハミルふんする伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーが「光」と「闇」の両方に描かれており、謎に包まれたストーリー展開がますます気になる。ハミルは「今回の作品には衝撃があります。日本の皆さんにお会いできるのが楽しみです。フォースと共にあらんことを」と話している。

公開情報
┃タイトル:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』12月15日(金) 公開
┃配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.