『(500)日のサマー』や『アメイジング・スパイダーマン』など世界的大ヒットを成し遂げたマーク・ウェブ監督。ヒューマンドラマが自身の原点だと語るウェブ監督が、超大作を離れて“映画を愛する純粋な気持ちに返りたい”と願っていた時にめぐり会った脚本を映画化。天から非凡な才能を与えられた少女メアリーを、最高にキュートな笑顔とファニーなしかめ面の演技で全世界を魅了中のマッケナ・グレイス、彼女の叔父・フランクを『キャプテン・アメリカ』や『アベンジャーズ』シリーズでキャプテン・アメリカを演じ大人気の俳優クリス・エヴァンスが演じている。ヒーローを演じてきたクリスが、今作では悩み立ち止まり失敗を繰り返しながらも男手ひとつで懸命に姪を育てる人間味あふれる男を演じているのも話題に。
今作のプロモーションで来日したマーク・ウェブ監督に、天才子役マッケナやクリスについて、また監督の演出方法についてなどを語ってもらった。
画像1: マーク・ウェブ監督来日インタビュー
『gifted/ギフテッド』
“ヒューマンドラマが自身の原点”

【ストーリー】
7歳のメアリー(マッケナ・ グレイス)が初めて小学校に登校する日、男手ひとつで彼女を育てた叔父のフランク(クリス・エヴァンス)は「とにかく、子供らしく」と言って送り出した。ところがメアリーは、算数の授業で簡単すぎる足し算にイラつき、担任の先生のボニー(ジェニー・スレイト)が試しに出した難しい暗算の問題を次々と解いてしまう。
フロリダの海辺の街で、ボートの修理で生計を立てているフランクと、頭がよくて鳥にも優しい片目の猫フレッドと暮らすメアリーは、生まれついての数学の天才(ギフテッド)だった。隣人で何かとメアリーの面倒を見てくれるロバータ(オクタヴィア・スペンサー)だけがその事情を知っている。
ある日メアリーの才能に気付いたボニーは、フランクの名前をインターネットで検索。すると“著名な数学者ダイアン・アドラーが自殺。残された遺族は弟のフランク”という記事を見つけてしまい…。

〈ギフテッド〉とは?
生まれつき平均より著しく高度な知的能力を持つ人、またはその能力のこと。すべての分野に秀でていることは稀で、何かに突出している場合が多い。

画像2: マーク・ウェブ監督来日インタビュー
『gifted/ギフテッド』
“ヒューマンドラマが自身の原点”

シンプルで温かみのある作品を撮りたかった

ーー今作はご自身の原点であるヒューマンドラマを描いていますね。
「『アメイジング・スパイダーマン』と『アメイジング・スパイダーマン2』のあと、僕の映画作りの原点に戻りたくなり、シンプルなものを撮りたいと思いました。そんななか今作の脚本と出会って、心が温まるような感覚を覚えたんです。映画化する際にはとにかくシンプルさを追求して撮ってみようと思い、例えば、『(500)日のサマー』ではスプリットスクリーンを使ったりダンスシークエンスがあったりと技術的なことを駆使したので、今回はそういったものを全て排除したうえで、観客の心をどのぐらい掴めるかを考えました。今作は僕にとってひとつのチャレンジになったと思います」

Photo by Tsukasa Kubota

ーーメアリーを演じたマッケナちゃんは幼いながらも素晴らしい演技を見せていましたが、オーディションではどのような感じだったのでしょうか?
「千人近い女の子をオーディションしましたが、演技がうまい子達がいる中でもマッケナは秀でていて、彼女がオーディションを受けてくれたのはラッキーでした。というのも、キューを出すとどんな感情もすぐ表現してくれて、それが決して嘘っぽくないんです。オーディションではホッチキスを猫に見立てて彼女が話しかけるというお芝居を自信たっぷりにやっていましたし、そのあとクリスと二人でスクリーンテストをやってもらった際には、彼女が部屋から出た瞬間に僕とクリスは顔を見合わせて“この子しかいないよね”と。キャプテン・アメリカを相手に堂々とした演技を見せていて驚きました(笑)」

画像1: シンプルで温かみのある作品を撮りたかった

ーー撮影現場での彼女の様子はいかがでしたか?
「撮影中のマッケナはクリスと対等に渡り合っていたように思います。そのためには度胸がなければいけないし自信もなければいけないんですけど、とにかく普段はとても明るくニコニコしてユーモアのセンスがあって、大人の気持ちを察することができるプロ意識の高い子なんです。ちゃんとお仕事だとわかってお芝居しているんですよね。そういった子はなかなかいないですし、この映画は彼女無しでは作れなかったと思います」

画像2: シンプルで温かみのある作品を撮りたかった

ーー最近のクリスはアメリカのヒーローというイメージが強いですが、今作では彼の繊細なお芝居が物語に深みを与えていました。
「クリスは現場で周りにとても気を遣う人でした。良いチームプレイヤーであり、またリーダーシップをとって現場をひっぱってくれるような存在。更に誰も気がつかないような細かいことにまで気を配っていて、役を通して的確な判断をしてくれるなど色んなことに驚かされました。フランクはある意味なんの特徴もないキャラクターとも言えますが、それは役作りをするうえで非常に難しいと思うんです。でもクリスは僕がシンプルさを追求した映画を撮りたいということを理解したうえで、自身の演技でそれを体現してくれたんです。彼のちょっとしたニュアンスや丁寧なディテール作りを見て本当に素晴らしい俳優だと感じました」

画像3: シンプルで温かみのある作品を撮りたかった
画像4: シンプルで温かみのある作品を撮りたかった

ーーマッケナの泣くシーンを撮影する際に監督も一緒に泣いたそうですが、これまでも演じる役者と同じ気持ちになって演出する手法をとられてきたのですか?
「みんな僕が泣いた話を聞くんだけど何故だろう…(苦笑)。演出方法として、時には感情を抑えて冷静になることも大切ですが、僕の場合は目の前のキャラクター(役者)が感じていることを自分も同じように感じて涙したり笑うことが必要だと思っているんです。それが作品が上手くいっていると思えるレーダーになっているというか。俳優達にとって自分の演技がうまくいってるんだというひとつの自信にも繋がると思うので、僕は心をオープンにして隠さないようにしています。それは『(500)日のサマー』、『アメイジング・スパイダーマン』の時も同じでした。そういった僕の演出方法を役者達はありがたがってくれるのですが、特にマッケナは嬉しかったみたいで色んなところでその話をしているみたいですね(笑)」

画像5: シンプルで温かみのある作品を撮りたかった

ーー片目の猫フレッドのことをメアリーが“歴史上一番すごい猫”と言っているのがとても素敵だなと感じました。フレッドも今作を描く上で非常に重要なキャラクターだったのではありませんか?
「完璧じゃない登場人物達を描きたかったので、猫に関してもわざと片目の猫を起用しました。どこか欠けていたり問題を抱えているからこそ愛おしかったり可愛くもあるということを象徴しています。ただ、フレッドの撮影には苦労しました。今まで気難しい俳優と仕事をしたこともありますが、それとは比べ物にならないぐらいで。右から左に向いてもらうだけで数時間かかったりして大変でした(笑)」

ーー今後はどんな作品を撮っていかれるのでしょうか?
「大学時代に、ラストは全てキスシーンで終わる『kisses』という4編の短編映画を撮ったんですけど、その時に“laughter(笑い)”や“love(愛)”“Tears(涙)”といった言葉でも同じように作れると気付いたので、もう少し人間の感情を掘り下げた作品に挑戦したいと思っています」

画像2: Photo by Tsukasa Kubota

Photo by Tsukasa Kubota

(文:奥村百恵)

■監督:マーク・ウェブ『(500)日のサマー』
■キャスト:クリス・エヴァンス
マッケナ・グレイス
ジェニー・スレイト
リンゼイ・ダンカン
オクタヴィア・スペンサー
■配給:20世紀FOX映画
11月23日(木・祝)よりTOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー
(C)2017 Twentieth Century Fox

画像: 『gifted/ギフテッド』予告編 youtu.be

『gifted/ギフテッド』予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.