音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』(09)でセンセーショナルなデビューを飾り、家族の素晴らしさを描いた感動作『gifted/ギフテッド』が現在日本公開中で再び脚光を浴びているマーク・ウェブ監督。その最新作『The Only Living Boy in New York/ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク(原題)』が2018年4月に日本公開されることが決定した。

サイモン&ガーファンクルの名曲にのせて描かれる大人の恋の物語

本作の舞台はニューヨーク。大学卒業を機に親元を離れた主人公(カラム・ターナー)は、同じアパートに住む小説家の男(ジェフ・ブリッジス)と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子(カーシー・クレモンズ)と行った店で、偶然に父(ピアース・ブロスナン)とその愛人(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃したことから、事態は思わぬ方向に展開していく。原題と同じサイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy in New York」にのせて描かれる大人のロマンティック・ラブストーリーだ。

Maroon 5やWeezerなどこれまで数々のアーティストのミュージックビデオを手掛け、『(500)日のサマー』では愛する音楽と共に、ロサンゼルスを独自の視点で切り取ったマーク・ウェブ監督。今作では名曲「The Only Living Boy in New York」にのせ、NYを舞台に主人公の男性の恋愛と成長をどのように描いているのか、今から期待が高まるばかりだ。

The Only Living Boy in New York/ジ・オンリー・リビング・ボーイ・イン・ニューヨーク(原題)
2018年4月、新宿ピカデリーほか全国公開
配給:ロングライド
© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.