日本でも12月8日から公開されるアガサ・クリスティー原作ミステリー「オリエント急行殺人事件」(20世紀フォックス配給)の一種の続編企画が製作決定。

今度は同じアガサ・クリスティーの小説「ナイルに死す」Death on the Nile が「オリエント~」と同じスタッフ&主演俳優で映画化される。監督&名探偵ポアロ役のケネス・ブラナーが続投、製作も同作の20世紀フォックス、脚本も同じマイケル・グリーンが執筆する。他のキャスト、公開時期は未発表。
「ナイルに死す」は、エジプトのナイル川下りを楽しむ豪華客船で、殺人事件が起きるというストーリー。同じ原作の映画化作は78年のジョン・ギラーミン監督「ナイル殺人事件」が有名。この映画には、ピーター・ユスティノフがポアロ役で主演したほか、ベティー・デーヴィス、デーヴィッド・ニーヴン、ジェーン・バーキン、ミア・ファロー、オリヴィア・ハシーらが豪華共演した。今回のキャスティングも楽しみ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.