第二次大戦下、アドルフ・ヒトラーのドイツ軍がノルウェーの首都に侵攻し、主要都市が相次いで占領された。ナチスに降伏するのか、抵抗を続けるか、国王の判断は?

ノルウェー本国で大ヒットを記録し、アカデミー賞外国語映画賞のノルウェー代表に選ばれたエリック・ポッペ監督(「おやすみなさいを言いたくて」)の実話映画化作。
 

画像1: ©2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

©2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

出演は「007」シリーズでミスター・ホワイトを演じたイェスパー・クリステンセンで、彼は共同製作も担当。他にアンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カール・マルコヴィクスらが共演する。

画像2: ©2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

©2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

1940年4月8日、ノルウェーのホーコン国王(クリステンセン)の元に、ドイツ軍がノルウェーへの進行を開始したことが伝えられる。兄のデンマーク王に地下室に避難するよう促されても、これを拒否する国王。翌日やってきたドイツ公使のブロイアー(マルコヴィクス)は、ヒトラーの命により、ノルウェー政府に対し無抵抗での降伏を要求する。外相はこれを突っぱね、司令官は独軍巡洋艦に砲撃を開始。国王は政府閣僚と共に首都オスロを離れるが、事を荒立てたくないブロイアーは、政府に国王との謁見の場を設けるように最後通告を突きつける。

さらに翌日、公使と向き合った国王は、ナチスに従うか、国を離れても抵抗を続けるか、国民や家族のため、国家の運命を左右する究極の選択を迫られる。

「ヒトラーに屈しなかった国王」12月16日公開!

画像: 「ヒトラーに屈しなかった国王」予告編 youtu.be

「ヒトラーに屈しなかった国王」予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.