アクション超大作『パシフィック・リム』(13)の熱狂から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』が2018年4月に日本公開。“東京コミコン2017“に前作からの続投となる菊地凛子、初来日となるスティーヴン・S・デナイト監督がファンの前に登場した。

全世界未解禁となる新映像が上映され、会場を大熱狂の渦に

12月1日(金)より3日間開催された世界最大級のポップカルチャーイベント“東京コミコン2017“の中でも、全世界に先駆けた未解禁映像が上映されるとあって、会期中のイベント内で最大級となる約1000人がメインステージに押し寄せ立ち見も溢れ出す大盛況ぶり。菊地とデナイト監督の2人が登場すると割れんばかりの歓声があがり、世界で初めてベールを脱いだ全世界未解禁の激レア映像が上映されると会場は大熱狂!
本作を今まさに絶賛制作中のデナイト監督は憧れの日本に初めて訪問した喜びを隠すことなく、「ウルトラマン、マグマ大使、ジャイアントロボ、ゴジラ映画などが大好きで、KAIJU映画を作るなら東京をぼろぼろにするのは欠かせないよ。東京を破壊するとてもいいチャンスだったし、東京の人にとっては悪夢かもしれないけど、僕にとっては夢だったからね!(笑)」と日本のファンにはたまらないエピソードを披露し会場を沸かせると、菊地も会場で初めて見た映像に「前作の皆さんが好きな要素をすべて持ってきて、そしてより進化しているのが伝わってきましたね。絶対私も見たい!」と大興奮。さらなるパシリムの進化への期待がいっそう高まる大盛り上がりのイベントとなった。

画像: デナイト監督と菊地

デナイト監督と菊地

「パシフィック・リム:アップライジング」2018年4月公開。
■監督:スティーヴン・S・デナイト ■脚本:スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン
■製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、メアリー・ペアレント、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス 
■キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、アドリア・アルホナ、ジン・ティエン ほか
■原題:PACIFIC RIM UPRISING ■配給:東宝東和 ©Legendary Pictures/Universal Pictures.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.