世界各国で話題を呼んだドキュメンタリー映画『リビング ザ ゲーム』が2018年3月より、シアター・イメージフォーラムで上映されることが決定した。
画像: 「リビング ザ ゲーム」より

「リビング ザ ゲーム」より

時代の寵児か、社会のはみ出し者か

日本が生んだTVゲーム「ストリート・ファイターⅡ」という世界的カルチャー。
TVゲーム人気の隆盛は、それまでには考えられなかった職業を生んだ。人前でゲームする姿を見せることを生業とする「プロゲーマー」だ。彼らは、ゲーム関連企業などをスポンサーとし、世界各地で行われるゲーム大会を転戦して賞金を獲得。試合の模様は世界中にネットで中継され、大会会場では観客が熱狂する。プロゲーマーたちの佇まいはテニスプレーヤーのそれを連想させる。
その中には、スター・プレイヤーやカリスマ的な選手がいる。彼らはどんな人々なのか? に迫るのが、本作「リビング ザ ゲーム」だ。

コマンド操作での複雑な駆け引きを可能にした「ストリート・ファイターⅡ」の登場が、1990年代に爆発的な対戦型格闘ゲーム・ブームを生み出した。2000年代に入ると大規模なゲーム大会が世界各地で開かれるようになる。日本発信のゲーム・カルチャーが、全世界の若者を虜にしたのだ。こうした背景の中、プロゲーマーが生まれた。
ラスベガスで毎年開かれる、最も権威ある格闘ゲーム大会「EVO」で2度の連続優勝を果たした梅原大吾。ビースト(野獣)とあだ名され、プロゲーマーとして世界中のファンから絶大な人気を誇る。その大吾に強いライバル心を燃やすのが、若きプレイヤー、ももちだ。恋人でプロゲーマーのチョコブランカとともに、格闘ゲーム界の頂点を目指す。さらに、アメリカ、フランス、台湾と世界各国の選手を巻き込んで、ワールドワイドなストーリーが展開する。
プロゲーマーは、常に社会の白い目とも闘っている。大人たちからは理解されない彼らの職業。葛藤しながらも、それでも格闘ゲームに生きる彼らは、果たして時代の寵児か、それとも社会のはみ出し者か。

画像: 時代の寵児か、社会のはみ出し者か

日本と台湾の国際共同制作作品

本作は、日本×台湾による国際共同制作。スタッフも、日本人、台湾人、オーストリア人、ドイツ人という国籍を越えたチーム編成が実現。1年以上に渡る撮影期間を費やし、これまで見たこともない、プロゲーマーたちの光と影に密着したドキュメンタリーとなっている。

『リビング ザ ゲーム』
監督:合津貴雄
出演:ももち/梅原大吾/チョコブランカ/ゲーマービー(台湾)/ジャスティン・ウォン(アメリカ)/ルフィ(フランス)
2016年/ 日本・台湾/ 88分/DCP/ ハイビジョン作品/英題:LIVING THE GAME
提供:WOWOW/ 東京ビデオセンター/ CNEX Studio
配給:東京ビデオセンター 宣伝:ビーズインターナショナル
ⓒWOWOW/Tokyo Video Center/ CNEX Studio

http://www.living-the-game.com

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.