「博士と彼女のセオリー」の主演コンビ、エディー・レッドメーンとフェリシティー・ジョーンズが、再び共演するかもしれない。

その新作は「気球操縦者たち」The Aeronauts。実話を元に、1862年に気球で8000メートルを超える記録を作ったコンビ、女性気球操縦者アメリア・レンと英国の気象学者ジェームズ・グレンを描くもの。エディーとフェリシティーがこの2人の役をオファーされている。
監督はTV「戦争と平和」のトム・ハーパー。脚本は現在アメリカでヒット中の『ワンダー』のジャック・ソーン。製作はアマゾン・スタジオ、マンデヴィル・フィルムズ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.