アンセル・エルゴート主演、エドガー・ライト監督の「ベイビー・ドライバー」の続編企画が進行中。

ライト監督自身が発言したもので、続編についてスタジオと正式な交渉が始まっていることを認めたが、まだ初期の段階とのこと。監督は前作同様、続編の脚本を自身で担当し、すでに書き始めている。また、この映画についてはたくさんのアイデアがあると発言している。
前作はアンセル・エルゴート演じる天才的ドライバーが、犯罪社会から足を洗おうとするというストーリー。主人公が常に音楽を聴いているという設定で、彼が聞いている音楽と映像のシンクロぶりも話題を集め、全米大ヒットを記録した。
ただし、監督は現在、複数の企画を進めていて、この続編が次回作になるかは未定。アンセルは来日時、続編出演にも意欲的な発言をしていた。とはいえ「この2年の間には新作を発表する」と公言しているので、ファンは期待して待とう。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.