今年はマーベル女子、フィギュア女子が流行ったけれど、来年はプラモ女子が流行りそう。え~、でもプラモデルって作るの面倒でしょ!?っていう人、大間違い。今時のプラモデルは簡単キレイに作れて、しかも超リアル。これ私の『手作りインテリアだよ!』って自慢できちゃう。そこで今回用意したのは、なんとBB-8の大型モデル。宣伝会社マンハッタンピープルの女子社員二人がバンダイにお邪魔してその魅力を体験してきました。
画像: 左:畑中芳子さん 真ん中:中島茉莉花さん 右:髙瀬加奈さん

左:畑中芳子さん 真ん中:中島茉莉花さん 右:髙瀬加奈さん

中島・畑中「今日はよろしくお願いします」

高瀬「よろしくお願いします。こちらが1/2スケールのBB-8です」

中島「え~、これがプラモデルなんですか? なんか想像していたのと違う」

畑中「つるつるしてて気持ちいい。色も最初からついているんですね」

中島「これ、自分でデコっちゃう人いそうだね」

畑中「ラインストーンとかで飾ってみたいな」

中島「そしたら絶対SNS上げるよね」

畑中「うん。これ作ったの私!って(笑)」

高瀬「プラモデルって実際に自分で作るから、ハンドメイド感があって愛着わくんです」

中島「でも、これ作るのにどのくらい日数かかるんですか?」

高瀬「慣れれば2~3時間くらいでできますよ」

中島「え~っ!それだけですか!?」

高瀬「(一旦パーツを外して)こうやって、パーツをパチッパチッとはめていけばOKなんですよ」

画像: いろいろな仕掛けにワクワク

いろいろな仕掛けにワクワク

畑中「待って待って。プラモデルって接着剤でくっつけるんじゃないんですか?」

高瀬「今は違うんですよ。パーツがはまるようになっていて、接着剤はいらないんです」

中島「それ嬉しいですね。あの匂いとか苦手だったし、指につくと落とすの大変じゃないですか」

畑中「マニキュアとかネイルとかしたままでも大丈夫っていうのが、女子的には嬉しいね」

高瀬「実際にちょっとやってみます?(箱を開けて)まず、このランナーから…」

画像: 作る前のランナーで早くも大盛り上がり

作る前のランナーで早くも大盛り上がり

中島「うわ~、ランナーっていうんですか、これ、この状態ですでにカッコよすぎ!」

畑中「こっちのランナーは超かわいいよ~♥」

高瀬「これをニッパーで切って下さい。ニッパーがなければ爪切りでも大丈夫です」

中島「(パチン)あ、これ、なんかすごく気持ちいい。ストレス発散になりそう(笑)」

画像: 高瀬さん、ニッパーの使い方を実演

高瀬さん、ニッパーの使い方を実演

高瀬「それとパーツをはめる時のパチッって感じもすごく気持ちいいんですよ(笑)」

畑中「寝る前の時間持て余しちゃった時とかに、ちょっとこれはオススメかも」

中島「今日はここまで作りました、ってSNSに上げるの楽しいかも」

畑中「本日のBB-8(笑)」

中島「友だちにプレゼントしたら喜ばれるよね」

畑中「女子はこの箱の大きさにも感動しちゃう。ワクワク感100%だもんね」

BB-8 1/2スケールプラモデル完成!!

インテリアにもぴったり!

かわいい形で女性にも大人気、12月15日公開の「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」でも大活躍するBB-8の2/1スケールのプラモデル。全高約33.5㎝という大きさだからこそできた再現度の高さに注目!頭部のパーツはLEDユニットで点灯可能。さらに、サイドのパーツを開けて装着できるアームは3種、サムズアップもできちゃう!また「フォースの覚醒」に登場した「マップチップ」パーツと、それを収納する「ストレージポケット」も再現。

(発売:バンダイ ホビー事業部/税込15120円)

商品情報はホビーサイトをチェック!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.