『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズで知られるピーター・ジャクソンが、製作・脚本を務めるSFファンタジー『モータル・エンジン』が、東宝東和配給で2019年日本公開されることになり、この特報映像が到着した。

これまでのSFファンタジーと一線を画するアドベンチャー超大作

イギリス作家フィリップ・リーブのベストセラー・SFファンタジー小説「移動都市」を映画化する『Motal Engines(原題)」が、この度、『モータル・エンジン』として、2019年に日本公開することに。製作はあのピーター・ジャクソンだ。

物語の舞台は「60分戦争(sixty minute war)」の1700年後の世界。人々は地上を這う巨大な移動型都市に住み、他の都市を喰うことによって資源を奪いながら生活している。とある目的を果たすため移動都市ロンドンに潜入した少女ヘスターは、青年トムに出会い、街の強欲な主導者と、彼らに反発し今一度地上に戻ろうとする人々との壮大なバトルに身を投じることとなる。現実からかけ離れた荒廃した地球を舞台に描きだされる本作は、大きな決意を胸に刻むヘスターの勇敢な冒険と、息をのむように雄大な世界観が圧巻の映像美で展開する、これまでのSFファンタジー映画とは一線を画したアドベンチャー超大作だ。

今回解禁された映像では、滑走する巨大都市が小さい都市を丸飲みするかのように中に取り込む衝撃の瞬間が映し出されており、小さい都市からその様子を見据えるへスターの力強く鋭い眼差しも印象的であると共に、短い映像ながらも伝わる壮大な世界観とピーター・ジャクソンが手掛ける新たな冒険物語に、期待高まる内容に仕上がっている。

ピーター・ジャクソンの右腕として『キング・コング』(05)では第78回アカデミー賞視覚効果賞を受賞したクリスチャン・リバースの長編初監督作品となる本作。主人公の少女へスターには、『アンナ・カレーニナ』(12)でハリウッド進出を果たし、海外ドラマ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』(13~15)などで活躍をみせる新鋭女優ヘラ・ヒルマー。へスターとともに壮大な戦いへと身を投じる青年トムを、俳優として『ムーン・ウォーカーズ』(15)やドラマ『Misfits/ミスフィッツ 俺たちエスパー!』に出演するほかプロデューサーとしても活躍し、多彩な才能を発揮している俳優ロバート・シーハンが務めるなど物語に新鮮さと深みを与える演技派フレッシュキャストが集結。さらに『ロード・オブ・ザ・リング』、『ホビット』3部作でもおなじみのヒューゴー・ウィーヴィング、『アバター』(09)や『ドント・ブリーズ』(16)のスティーヴン・ラングといったキャスト陣が脇を固める。

画像: 映画『モータル・エンジン』 特報 youtu.be

映画『モータル・エンジン』 特報

youtu.be

© Universal Pictures

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.