人型巨大ロボット=イェーガーと獰猛なKAIJUの死闘を、日本の怪獣映画オタクで知られるギレルモ・デル・トロー監督が描いたSFアクション超大作「パシフィック・リム」から5年。待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』2018年4月に日本上陸する! 

戦いは終わりでなく始まりだった。

画像1: ©Legendary Pictures/Universal Pictures.

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

よりスタイリッシュに洗練され、パワーアップしたイェーガーは、進化したKAIJUの再襲撃を阻むことが出来るのか?

偉大な父スタッカー・ペントコスト司令官(前作でイドリス・エルバが演じた)の遺志を継ぎ、絶望の淵に立たされた人類を救うためイェーガーの操縦席に乗り込む新たな主人公ジェイク。KAIJUと人類の戦いは世界各国の都市、そして陸・海・空すべてを股にかけるスケールへと拡大していく。公開された予告編では、日本と思しき都市でも激しいバトルが展開。ジェット噴射を駆使して空へと飛び立つ迫力の新機能も開発されている様子だ。若き世代の勇者たちは超巨大KAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか?

進化するイェーガー、KAIJUに注目

画像2: ©Legendary Pictures/Universal Pictures.

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

ジェイクに扮するのは「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」も公開間近のジョン・ボイエガ。彼と共にKAIJUと戦うのは、「スクランブル」のスコット・イーストウッド、「キングコング:髑髏島の巨神」のジン・ティエンら。前作に続き、森マコ役の菊地凜子、ニュートン博士役のチャーリー・デイらも参加。デル・トローは製作に回り、TV出身のスティーヴン・S・デナイトが監督を担当する。

前作のジプシー・デンジャーのニュータイプという感じのジプシー・アベンジャーや、オブシディアン・フューリーなど新イェーガーたちの活躍も見どころ。ライジンほか進化系KAIJUのスタイルにも注目したい。

日本のサブカルチャーへの愛

画像3: ©Legendary Pictures/Universal Pictures.

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

前作は2013年に公開され大ヒットを記録。監督のギレルモ・デル・トローは、大の日本製怪獣のファンで、この映画ではモンスターではなく、KAIJU(怪獣)と呼ばれる。『日本の漫画やロボットなどサブカルチャーの伝統を尊重した』と胸を張るデル・トローは、今回は製作に回ったが、前作同様日本らしい場所でイェーガーとKAIJUが激戦を展開する模様。日本愛は貫かれているのだ。

『パシフィック・リム:アップライジング』2018年4月公開!

画像: 『パシフィック・リム:アップライジング』日本先行解禁映像 youtu.be

『パシフィック・リム:アップライジング』日本先行解禁映像

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.