2018年公開予定作もまたまたヒット・シリーズ続編や、リブート、スピンオフ作品がズラリとラインナップされている。この大作群を並べてみるだけでも、2018年の映画界の動向がわかってしまうほど!(赤字タイトルは邦題決定作、青字タイトルは原題または仮題。文中特に記述のないものは現時点で日本公開日未定)

やはり新年も強力なアメコミ・シリーズ大作が目白押し!

画像: 『キングスマン:ゴールデン・サークル』 Photos by Getty Images

『キングスマン:ゴールデン・サークル』

Photos by Getty Images

まずお正月第2弾公開として控えているのが英国発の2作品。コリン・ファース&タロン・エガートン主演のスパイ・アクション第2弾『キングスマン:ゴールデン・サークル』が1月5日公開。新たにチャニング・テータム、ジェフ・ブリッジズ、ハリー・ベリーらが共演に加わり面白さパワーアップ。

画像: 『パディントン2』 Photos by Getty Images

『パディントン2』

Photos by Getty Images

もう一つ、紳士すぎるモフモフ・クマさんが大活躍する『パディントン2』も1月19日公開。今度は落ち目の俳優(ヒュー・グラント)とのトラブルが発生?果たしてパディントンの運命は?新年早々英国気分に浸りたい。

画像: 『ブラックパンサー』のポスター Photos by Getty Images

『ブラックパンサー』のポスター

Photos by Getty Images

17年に続き、18年も熱いのがアメコミ映画群。しょっぱなを飾るのは、マーベルから新ヒーロー『ブラックパンサー』が満を持してソロ映画デビュー。主演はチャドウィック・ボーズマンで、ワカンダの国王ティ・チャラことブラックパンサーを凛々しく演じる。マーティン・フリーマン、アンディー・サーキスらが共演。日本は3月公開。

画像: ファン・イベントにやってきた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のキャスト Photos by Getty Images

ファン・イベントにやってきた『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のキャスト

Photos by Getty Images

つづいて4月に公開予定されているのが、お待ちかねの『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』!アイアンマン、キャプテン・アメリカだけでなく、スパイダーマンやドクター・ストレンジも登場する、マーベル史上最多ヒーロー出演映画といわれる本作。史上最大の敵サノスがいよいよ出現。恐らく、MCU史上最大級の一作になるはず。これは見逃せない。さらにマーベル作品は『アントマン&ワスプ』も控えている。

またスピンオフと最新作が三つも控えているのは同じくマーベル印の「X-MEN」シリーズ。新世代ミュータントを主人公にした『ザ・ニュー・ミュータンツ』はメージー・ウィリアムズやアニヤ・テーラー・ジョイら、注目の若手を起用したスピンオフで、ホラー・テーストになっている。

画像: オレちゃんこと「デッドプール」も帰ってくる(写真は前作より) Photos by Getty Images

オレちゃんこと「デッドプール」も帰ってくる(写真は前作より)

Photos by Getty Images

また『デッドプール2』も「X-MEN」系列。新登場するデッドプールの相棒ケーブルは、コミックではサイクロップスの息子という設定。映画ではどんなことになるのだろうか?またジェームズ・マカヴォイやジェニファー・ローレンスらも出演する『X-MEN:ダーク・フェニックス』は、若き日のジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)らがメーン・キャストとなるはず。いずれも日本公開日は未定。

画像: 「X-MEN」シリーズの新章『ダーク・フェニックス』のヒロインはジーン・グレイ(写真は「X-MEN:アポカリプス」より) Photos by Getty Images

「X-MEN」シリーズの新章『ダーク・フェニックス』のヒロインはジーン・グレイ(写真は「X-MEN:アポカリプス」より)

Photos by Getty Images

さらに“スパイダーマン”のスピンオフ『ヴェノム』もトム・ハーディーの主演で製作中。スパイダーマンの強敵ヴェノムを主人公にしたヴィラン映画。果たしてスパイダーマンも登場するのか?全米では10月公開予定。

画像: DCの新ヒーロー、アクアマンもソロ映画が登場(写真は「ジャスティス・リーグ」より) Photos by Getty Images

DCの新ヒーロー、アクアマンもソロ映画が登場(写真は「ジャスティス・リーグ」より)

Photos by Getty Images

そしてDCからは「ジャスティス・リーグ」にも登場した新ヒーローのソロ映画『アクアマン』が年末頃公開予定。海底王国の王である彼が、いかにしてヒーローとなったかが描かれるはず。このようにアメコミ映画は18年もファンを魅了すること間違いなしだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.