映画ファン必見作をご紹介!2018年公開予定作もまたまたヒット・シリーズ続編や、リブート、スピンオフ作品がズラリとラインナップされている。この大作群を並べてみるだけでも、18年の映画界の動向がわかってしまうほど!(赤字タイトルは邦題決定作、青字タイトルは原題または仮題。文中特に記述のないものは現時点で日本公開日未定) 

「ミッション」「ジュラシック」「ファンタビ」など映画ファン必見作が連発!

シリーズ映画はアメコミものだけではない。他にもあの大ヒット作の続編が?と驚くようなものも12018年公開待機中だ。

画像: 「ミッション:インポッシブル」第6弾撮影中のトム・クルーズ Photos by Getty Images

「ミッション:インポッシブル」第6弾撮影中のトム・クルーズ

Photos by Getty Images

トム・クルーズがスタント中に大けがを負ったことがニュースとなった『ミッション:インポッシブル6』は予定通り18年夏公開に向けてポスト・プロダクション中。新登場のヘンリー・カヴィルは敵か、味方か?

画像: 「ジュラシック・ワールド」も続編が(写真は前作より) Photos by Getty Images

「ジュラシック・ワールド」も続編が(写真は前作より)

Photos by Getty Images

スティーヴン・スピルバーグ製作の「ジュラシック・ワールド」の続編『ジュラシック・ワールド/フォールン・キングダム』は、恐竜たちがさらに暴走?今回は第一作「ジュラシック・パーク」のキャラ、イアン・マルコム博士ことジェフ・ゴールドブラムも登場するという。

画像: 「ファンタスティック・ビースト…」のニュートも帰ってくる(写真は前作より) Photos by Getty Images

「ファンタスティック・ビースト…」のニュートも帰ってくる(写真は前作より)

Photos by Getty Images

大ヒット作では「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の続編も公開される予定。エディー・レッドメーン演じるニュートの新たな冒険が描かれるが、今回はあの若き日のアルバス・ダンブルドア(ジュード・ロー)らも登場。前作で姿を現わした悪役グリンデルバルド(ジョニー・デップ)との戦いはどうなるか見もの。

画像: 新展開を見せる『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 Photos by Getty Images

新展開を見せる『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』

Photos by Getty Images

春に日本上陸する『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は前作(95)の20年後を舞台に、不思議なゲームの世界に捕らわれた者たちが活躍。ドウェーン・ジョンソン主演。

画像: 『ソロ…』で若きハン・ソロを演じるオルデン・エーレンライク Photos by Getty Images

『ソロ…』で若きハン・ソロを演じるオルデン・エーレンライク

Photos by Getty Images

スピンオフ的作品としてマークすべきは、まず「スター・ウォーズ」シリーズのアナザー・ストーリー第二弾『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』。ハリソン・フォードが演じたハン・ソロの若き日の冒険を描き、新星オルデン・エーレンライクが主演。

画像: 『オーシャンズ8』撮影中のサンドラ・ブロックとケート・ Photos by Getty Images

『オーシャンズ8』撮影中のサンドラ・ブロックとケート・

Photos by Getty Images

ジョージ・クルーニーらのクライムドラマ「オーシャンズ」シリーズの女性版『オーシャンズ8』には、サンドラ・ブロック、ケート・ブランシェット、アン・ハサウェー、ヘレナ・ボナム・カーターらが豪華共演。マット・デーモンが客演するという。

画像: 「トランスフォーマー」の人気者バンブルビーが主人公になるスピンオフも Photos by Getty Images

「トランスフォーマー」の人気者バンブルビーが主人公になるスピンオフも

Photos by Getty Images

あの「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラを主人公にした『バンブルビー』も18年公開目指して製作中。80年代を舞台に、ヘーリー・スタインフェルドが主演する。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.