2018年公開予定作にはホラー、ミュージカル、アニメーション…ヒット・シリーズ続編や、リブート、スピンオフ作品がズラリとラインナップされている。この大作群を並べてみるだけでも、18年の映画界の動向がわかってしまうほど!(赤字タイトルは邦題決定作、青字タイトルは原題または仮題。文中特に記述のないものは現時点で日本公開日未定) 

ホラーもミュージカルもアニメーションもおなじみ作品が帰ってくる!

画像: 『ザ・リング/リバース』は1月公開 Photos by Getty Images

『ザ・リング/リバース』は1月公開

Photos by Getty Images

ここからはジャンル別に見て行こう。まず注目すべきはホラー。1月に日本公開が決まったのは、『ザ・リング/リバース』。初代「リング」の公開から20年。原作者・鈴木光司も『これぞ原点回帰!』と称する恐怖がハリウッドから再上陸する。さらに日本公開時期は未定ながら、「ハロウィン」も第一作から製作40年を記念して、ジャーミー・リー・カーティスを呼び戻しシリーズ最新作を製作中。「サスペリア」「スクリーム」といった過去の名作もリブート版が製作中で、久々のホラー・ブームが起きそうだ。

画像: パワーアップして戻ってくる「マンマ・ミーア!」(写真は前作より) Photos by Getty Images

パワーアップして戻ってくる「マンマ・ミーア!」(写真は前作より)

Photos by Getty Images

またミュージカルでは「マンマ・ミーア!」の続編となる『マンマ・ミーア!/ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン』が楽しみ。メリル・ストリープ、コリン・ファースら前作キャストの他、リリー・ジェームズらが新参加。さらに前作から実に五四年ぶりの続編となる『メリー・ポピンズ・リターン』はディズニーの名作ミュージカルの世界を甦らせる期待作。今回のヒロインはエミリー・ブラントだ。

画像: 新たなメリー・ポピンズを演じるエミリー・ブラントと監督のロブ・マーシャル Photos by Getty Images

新たなメリー・ポピンズを演じるエミリー・ブラントと監督のロブ・マーシャル

Photos by Getty Images

アニメーションでもディズニーのヒット作『ミスター・インクレディブル2』『シュガー・ラッシュ2』が待機中。22分の短編だが『アナと雪の女王/家族の思い出』が3月公開の『リメンバー・ミー』と同時公開されるのも覚えておきたい。

他にも「ドラゴン・タトゥーの女」に続く『スパイダー・ウェブの女』や、シルヴェスター・スタローン監督&出演の『クリード2』、リブート版『プレデター』などなど楽しみなタイトルが製作中!18年も映画ファンにはわくわくの一年になりそうだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.