ジェシカ・チャステーンがゴールデングローブ賞主演女優賞候補となっている新作『モリーズ・ゲーム』(2018年5月公開、キノフィルムズ配給)。本作のジェシカがフィーチャーされた豪華絢爛なポスターが解禁となった。
画像: 『モリーズ・ゲーム』ポスター:© 2017 MG’s Game, Inc.  ALL RIGHTS RESERVED.

『モリーズ・ゲーム』ポスター:© 2017 MG’s Game, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

監督はあの天才脚本家アーロン・ソーキン!

今、乗りに乗っているハリウッド最注目の女優ジェシカが選んだ最新作は、『ソーシャル・ネットワーク』でアカデミー賞®脚色賞受賞の天才脚本家アーロン・ソーキンの監督デビュー作。トップアスリートから一転、セレブだけの高級ポーカールームの経営者となり、ハリウッドで一大スキャンダルを巻き起こした実話の裏側を描く『モリーズ・ゲーム』だ。

レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイアをはじめとするトップスターが顧客リストに並ぶ、エクスクルーシブなポーカールームが実在した。招待された者のみが参加できる、都市伝説のようなサロンのオーナーは、何の後ろ盾も持たない26歳の独身女性、モリー・ブルーム。彼女はオリンピックを有望視されたモーグル選手だったが、ケガのためにアスリートの道を断念。一転して、違法なポーカーの世界へと足を踏み入れる。

今回解禁された『モリーズ・ゲーム』のティザービジュアルは、全体を埋め尽くすように積まれたドル札に目を奪われる。一夜にして多額のマネーが動くポーカー・ゲームの世界を象徴するドル札の山を背景に、マネーだけではなく人の心を操るかのように鎮座し、グラマラスで挑発的な視線を向けるのは、ポーカー界の女王と称されたモリー。存在感たっぷりの強烈な姿に目が釘付けになる。
『モリーズ・ゲーム』は、モリーが2014年に刊行し、ベストセラーとなった回想録を、並外れた成功を成し遂げた実在の人物の裏側に迫って来た、脚本家のアーロン・ソーキンが独自の視点で脚色、オスカーにも輝いた才能のすべてを注ぎ込んで初監督に挑んだ、全世界大注目の話題作。

絶好調のジェシカ、オスカーも最有力か?

主人公モリー・ブルームを演じるのは、天才ロビイストを印象的に演じた『女神の見えざる手』、『ユダヤ人を救った動物園  アントニーナが愛した命』の2作品が公開中のジェシカ。『女神の見えざる手』に続き、並外れた才覚と情熱を仕事にそそぐ女性を演じ、オスカー最有力の声が上がっている。
トップアスリートから予想外の転身を遂げたモリー・ブルームは、どのようにして巨額の富を手に入れ、失ったのか? 彼女は誰かに陥れられたのか? 物語は、違法なポーカー・ゲームでFBIに逮捕された彼女と弁護士のやりとりを通して、スキャンダルの的となったモリーの栄光と転落を追いながら、その才気と情熱の根源に迫っていく。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.