2018年2月より角川シネマ有楽町他にて、フランスが世界に誇る名優たちの代表作を一挙上映する特集上映「華麗なるフランス映画」(配給:KADOKAWA)の開催が決定した。
トップ画像=「太陽がいっぱい」© 1960 STUDIOCANAL - Titanus S.P.A all rights reserved
画像: ドロン!ドヌーヴ!モロー!ベルモンド! 特集上映「華麗なるフランス映画」開催が決定

フランス映画界を代表する男女優たちの華麗なる主演作一挙公開

先日、世界中に衝撃が走ったアラン・ドロンの引退宣言やジャンヌ・モローの訃報、またカトリーヌ・ドヌーヴの来日といったニュースが相次ぎ、フランスの往年の映画スター達への関心と注目が高まっている。今回、そんな彼らの魅力が凝縮された“フランス映画のバイブル”というべき珠玉の作品がスクリーンに蘇ることになった。

20世紀最高の美男と称され、ダークな悪役も見事に演じ切る演技力を兼ね備える日本でも絶大の人気を誇るアラン・ドロン。 可憐な少女から妖艶な美女へ、年齢を重ねても輝きを放ち、永遠のファッションアイコンとして女性たちの注目を集めながらも、衝撃作や難役にも意欲的にチャレンジし続けるカトリーヌ・ドヌーヴに、奔放で官能的な悪女をチャーミングに演じる唯一無二の存在感を放つジャンヌ・モロー、そして、ゴダールの『勝手にしやがれ』で一躍脚光を浴び、ヌーヴェルヴァーグを代表するカリスマ的な俳優、ジャン・ポール・ベルモンド。彼らの若き日の主演作を美しい映像でもう一度味わってみたい。

【華麗なるフランス映画】特集上映の概要
2018年2月17日より全国順次公開
場所:角川シネマ有楽町 配給:KADOKAWA
上映作品
★アラン・ドロン
「太陽がいっぱい」 監督:ルネ・クレマン/1960年 *4Kレストア版/日本初上映
「太陽はひとりぼっち」 監督:ミケランジェロ・アントニオーニ/1962年
☆カトリーヌ・ドヌーヴ
「昼顔」 監督:ルイス・ブニュエル/1967年 *4Kレストア版/日本初上映
「哀しみのトリスターナ」 監督:ルイス・ブニュエル/1970年
★ジャンヌ・モロー
「突然炎のごとく」 監督:フランソワ・トリュフォー/1962年
「エヴァの匂い」 監督:ジョセフ・ロージー/1962年
☆ジャン・ポール・ベルモンド
「ダンケルク」監督:アンリー・ヴェルヌーユ/1964年 *4Kレストア版/日本初上映

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.