『許されざる者』『ミニオンダラー・ベイビー』で2度のアカデミー賞作品賞と監督賞を受賞、近年は『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』とリアルヒーローの真実を巧みに描いてきた巨匠クリント・イーストウッド監督。その最新作にして、テロに立ち向かった3人の若者たちを描く究極の実話『15時17分、パリ行き』が2018年3月1日(木)公開。徹底してリアルにこだわり、主演の3人をそれぞれ本人が演じるというハリウッド映画史上前代未聞の手法が採られた話題作だ。
画像: 映画『15時17分、パリ行き』本予告【HD】2018年3月1日公開 youtu.be

映画『15時17分、パリ行き』本予告【HD】2018年3月1日公開

youtu.be

テロを阻止した3人の若者たちを本人が演じるという前代未聞の試み

実在する等身大の英雄=リアルヒーローに焦点を当てた映画を撮り続けているイーストウッドが本作で描くのは《タリス銃乱射事件》の実話。2015年8月21日、554人の乗客を乗せてアムステルダムを出発した高速国際鉄道タリスで起きた無差別テロ事件。極限の恐怖と緊張感の中、とっさに行動に移し事態を阻止したのは、ヨーロッパを旅行中だった3人の心優しきアメリカ人の若者たちだった。

映画化に当たって、数多くの俳優たちに会ったイーストウッド監督は、ハリ ウッド映画史上初となる大胆なキャスティングに挑戦。テロを阻止した 3 人の若者たち本人こそふさわしい顔だと感じた監督は、スペンサー・ ストーン、アレク・スカラトス、アンソニー・サドラーに、彼ら自身を演じてもらうことを決断した。前代未聞、大胆とも無謀とも受けとめられるこの挑戦について、イーストウッドは「映画を観たらちょっと驚くと思う」と自信をのぞかせている。

予告編の映像は、銃を手にした犯人が乗客たちの車両へと歩を進める車両内の緊迫と、テロに立ち向かった3人の若者たちの生い立ちを綴っていく。「自分の過去を振り返ると、何を優先して生きてきたかがわかる」と励ます声に重なり、軍隊に入隊し厳しい訓練に励む青年、幼き日にベッドに身を託して祈りをささげる少年、学校でイジメに遭い、ふて腐れながらロッカーに八つ当たりする姿。そして、いつも温かく見守ってくれた母のハグなど、誰でも共感できる彼らの成長の葛藤が綴られていく。そして、運命の瞬間は刻一刻と迫る。その時、目の前には銃を持った男。3人の若者たちは、立ち上がるのだった。

クリント・イーストウッドのコメント

この映画はごく普通の人々に捧げた物語です。

彼らは旅行中の青年で、テロリストが電車に乗り込んできた時にとっさにアクションを起こし、多くの命を救うこととなりました。テロリストは 300 発近くの弾丸と銃を持っていました。悪事を企んでいたことは明白です。

私は、数多くの素晴らしい俳優たちと出会ってきました。おそらく彼らを起用したとしても素晴らしい仕事をしてくれたでしょう。しかし私は、この 3 人の若者たち自身に演じてもらうことこそ、もしかすると面白い試みなのでは?と思い始めました。私は彼らと共に、事件が起こった全く同じ場所で撮影を行いました。彼らは熱意をもって挑戦し、私たちは彼らを受け入れました。きっと映画を観れば、驚いてくれると思います。

3人のどこにでもいる普通の若者たちが、あの事件を体験した他の人々とともに、あの場所を再び訪れるという体験は、彼らにとっても心の浄化になったのではないかと思っています。

15時17分、パリ行き
3月1日(木)、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC - - U.S., CANADA, BAHAMAS & BERMUDA c 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT INC.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.