スイス出身の芸術家アルベルト・ジャコメッティ。彫刻家・肖像画家として有名な彼の晩年のエピソードを、最後の肖像画のモデルとなった作家の回顧録を基に、ジャコメッティ・ファンである俳優のスタンリー・トゥッチが監督した作品。ジャコメッティ役は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェフリー・ラッシュ。
画像: 「ジャコメッティ 最後の肖像」1月5日公開
天才彫刻家が描いた最後の肖像画製作過程とは?

天才彫刻家の描いた最後の肖像画とは?

スイス出身の芸術家アルベルト・ジャコメッティ。彫刻家として有名な彼だが、日常的にデッサンを描き、肖像画製作も精力的に行なっていた彼の晩年のエピソードを、最後の肖像画のモデルとなった作家の回顧録『ジャコメッティの肖像』を基に、ジャコメッティ・ファンである俳優のスタンリー・トゥッチが脚色、監督も担当した作品。
ジャコメッティ役には「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェフリー・ラッシュ。「ローン・レンジャー」のアーミー・ハマー、トニー・シャルーブ、シルヴィー・テステュー、クレマンス・ポエジーらの共演。

画像: 天才彫刻家の描いた最後の肖像画とは?

ジャコメッティは二日で終わらせると言ったが…

1964年のパリ。アメリカへの帰国を控えていた作家ジェイムズ・ロード(ハマー)は、同地で個展を開いていた友人のジャコメッティ(ラッシュ)に『二日で終わらせるので、肖像画のモデルになってほしい』と依頼される。巨匠の仕事を間近で見られるとあって、好奇心もありロードはそれを受けることにする。その時これがどんなことになるか予想もせずに……

画像: ジャコメッティは二日で終わらせると言ったが…

果たして肖像画は完成するのか…

ジャコメッティの自宅兼アトリエでセッションが始まるが、二日目、『絶対に完成しない!』と叫びだす巨匠に驚くロードは、帰国を延期する。だがその後も筆は遅々として進まず、ロードは肖像画は完成しないのでは、という不安に駆られる。彼の懸念をよそに、妻の前で愛人と戯れるジャコメッティ。果たして絵は完成するのだろうか。

画像: 『ジャコメッティ 最後の肖像』予告編 www.youtube.com

『ジャコメッティ 最後の肖像』予告編

www.youtube.com

「ジャコメッティ 最後の肖像」
監督/スタンリー・トゥッチ
出演/ジェフリー・ラッシュ、アーミー・ハマー、トニー・シャルーブ、シルヴィー・テステュー、クレマンス・ポエジー
1月5日公開
Final Portrait/キノフィルムズ配給
©Final Portrait Commissioning Limited. 2016

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.