映画雑誌SCREEN誌、恒例の執筆者選出による「2017年度(第63回)外国映画ベストテン作品」と「ベスト男女優」が、決定した。

作品賞ベスト1は「ドリーム」に

第1位にはセオドア・メルフィー監督の「ドリーム」が選出された。また2位にはクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」、デーミアン・チャゼル監督の「ラ・ラ・ランド」が同点で選ばれた。2位が同点になるのは60年以上の本ベストテン選考では初。ベスト男優には「ラ・ラ・ランド」などの米男優ライアン・ゴスリング、ベスト女優には「エルELLE」などの仏女優イザベル・ユペールが選ばれている。このベストテン結果・選評などは2018年1月20日発売のSCREEN3月号で詳しく特集されている。

画像: 「ドリーム」

「ドリーム」

●作品ベストテン
第1位 ドリーム
第2位 ダンケルク
第2位(同点) ラ・ラ・ランド
第4位 わたしは、ダニエル・ブレイク
第5位 マンチェスター・バイ・ザ・シー
第5位 メッセージ
第7位 ムーンライト
第8位 ノクターナル・アニマルズ
第9位 パターソン
第10位 ベイビー・ドライバー
次点  ブレードランナー2049

画像: 「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴスリング

「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴスリング

画像: 「エルELLE」のイザベル・ユペール

「エルELLE」のイザベル・ユペール

●ベスト男優
ライアン・ゴスリング(「ラ・ラ・ランド」「ブレードランナー2049」「ハーフネルソン」「ナイスガイズ!」)
●ベスト女優
イザベル・ユペール(「エル ELLE」「未来よ こんにちは」)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.