『ローマに消えた男』で数多くの国内外の賞を受賞したロベルト・アンドー監督最新作『Le
confessioni(原題)』が邦題『修道士は沈黙する』として 2018 年 3 月 17 日(土)より公開決定。あわせてポスタービジュアル&予告編も解禁された。
画像: イタリアの鬼才が作り上げた異色ミステリー『修道士は沈黙する』ポスタービジュアル&予告編解禁
画像: 映画『修道士は沈黙する』予告編 www.youtube.com

映画『修道士は沈黙する』予告編

www.youtube.com

政財界の大物の死から始まるスタイリッシュな社会派ミステリー

イタリアの政界を背景にした風刺劇『ローマに消えた男』で、権力の寓話を軽やかなユーモアを交えて描いたロベルト・アンドー監督が今回題材として選んだのは、“物質主義 vs 精神主義”の構図を核に据えた知的でスタイリッシュな異色ミステリー。

物語の舞台はバルト海に面したリゾート地の高級ホテルで開かれる G8(先進国首脳会議)。議会に参加する予定の 8 か国の大臣と、ロックスター、絵本作家、そして修道士という異色の3人はゲストとして、天才的エコノミストとして知られる国際通貨基金(IMF)のダニエル・ロシェ専務理事の誕生日を祝う夕食会に招かれる。会食後、修道士サルスはロシェから告解がしたいと告げられるがその翌朝、ビニール袋をかぶったロシェの死体が発見されるのだった。容疑者として真っ先に浮上したサルスは戒律に従って沈黙を続ける。自殺か、他殺か? そしてサルスがロシェから聞いたものは一体?

イタリア人修道士ロベルト・サルスを演じるのは『グレート・ビューティー/追憶のローマ』のトニ・セルヴィッロ。キーパーソンとなる議会の重要人物、ダニエル・ロシェには『八日目』でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いたフランスの名優ダニエル・オートュイユ、ゲストとして招かれた絵本作家、クレール・セスにはデンマーク出身で『ワンダーウーマン』の主人公ダイアナの母役としても記憶に新しいコニー・ニールセンと国際的に活躍する一流の俳優たちの豪華共演作となっている。

このたび公開された予告編では、清貧に生きるイタリア人修道士サルスが世界経済を牛耳る大臣たちの集まりに招かれ、そこで起きた思わぬ事件に次第に巻き込まれていく様子が描かれている。オペラの舞台演出も手掛けてきたロベルト・アンドー監督がクラシックやポップスミュージックを織り交ぜ、権力批判が横溢しつつ、全体のトーンはシリアスにまとめられたサスペンス作品となっている。

修道士は沈黙する
2018 年 3 月 17 日(土)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次ロードショー
配給:ミモザフィルムズ
©2015 BiBi Film-Barbary Films

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.